松村太郎

ジャーナリスト / iU 情報経営イノベーション専門職大学 専任教員。 メンバーシップ…

松村太郎

ジャーナリスト / iU 情報経営イノベーション専門職大学 専任教員。 メンバーシップ #マツムラボ はじめました。ニュースへのコメントやディスカッションを通じて、テック・カルチャー・ビジネスの情報をアップデートし、未来のイノベーションに備えていきましょう。

メンバーシップに加入する

松村太郎研究室「マツムラボ」を開設します。 これまでのnoteマガジン「#アップルノート」を踏襲し、Appleとその周辺のテクノロジー、ライフスタイルに対する定点観測と、Appleをはじめとするテクノロジー企業から得られる広範な学び(フレームワーク、ビジネスモデル、環境やエシカル、クリエイティブなど)の研究を行うオンライン研究室です。 ■どんな人のための場所? ・Appleのことを毎日考えていたい人 ・iPhoneを使っていて、テクノロジー企業やビジネスに興味を持った人 ・ビジネスモデル、フレームワークなど、ビジネススキルを学びたい人 ・日々の生活をもっとクリエイティブに ■活動方針 これまでの記事主体のアウトプットに加えて、DAO(Discord)でのコミュニケーションを統合し、記事未満のニュースへのコメント、議論を掲示板で随時展開します。また、Podcastの文字起こし、YouTube Live、対面形式のミートアップも毎月開催していきます。 ■キーワード: #イノベーション #未来に備える #futureproof #作り方をつくる

  • Pro

    ¥1,000 / 月
    初月無料

マガジン

  • #アップルノート

    米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

  • #FridayJobs - ジョブズの名言でモチベUP

    【毎週金曜日更新】松村太郎が厳選したジョブズの名言をご紹介し、2024年的な解釈をしながら、モチベーションUP、インスピレーションを得ようというコラム連載です。 Apple好きに限らず、デザイン思考、生き方、ビジネスの法則、そして未来志向に興味がある方は、ぜひご購読ください。 ・更新期間 2024年1月6日〜12月27日 ・記事予定数 50本 【メンバーシップ・月額マガジンでもお読みいただけます】 「#FridayJobs」の記事は、noteメンバーシップ #マツムラボ (月額1000円)、有料マガジン #アップルノート(月額1000円)に含まれています。掲示板やそのほかの記事もお読みいただけます。こちらも併せて、ご検討ください! https://applenote.me/membership/

  • iPhoneが教えてくれる、超重要ビジネスフレームワーク図鑑

    iPhoneからビジネスを学ぼう! 高校生から知っておくべき超重要なビジネスフレームワーク、ビジネスモデルを、iPhoneから学ぼうというマガジンです。 ・スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表するときに使った「マトリクス分析」から、 ・Appleが世界一の時価総額を実現する理由を作ったApp Storeの「マルチサイドプラットフォーム」、 ・次々に気候変動対策の目標を達成していく組織に変えた「集合天才」「妄想学」まで、 学ぶべき15のフレームワーク・ビジネスモデルを、iPhoneのストーリーから学んでいきましょう。 ※ #マツムラボ メンバーシップの得点に含まれています。詳しくはこちら。 https://applenote.me/membership/join

記事一覧

【#アップルノート #FridayJobs】 デザインはどう機能するかだ

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える連載「#アップルノート #FridayJobs 」。 「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。 今回の引用は…

300
松村太郎
1か月前
3

【#アップルノート Friday Jobs】 顧客は将来欲しい物をまだ知らない?

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考えるコラム連載「#アップルノート Friday Jobs」。 「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。 今回の…

300
松村太郎
1か月前
1

【#アップルノート Friday Jobs】 内なる声との対話

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える連載「#アップルノート Friday Jobs」。 「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。 今回の引用は…

300
松村太郎
1か月前
6

【#アップルノート】 Apple Vision Proは、「何を」イノベーションするのか? 2月2日発売のアナウンスからわかってきたこと、の…

いよいよApple Vision Proの予約と発売についてのアナウンスがありました。米国東海岸時間の1月19日午前8時(日本時間1月19日22時)から、予約の受付を開始。そして2月2日…

500
松村太郎
1か月前
6

【#アップルノート Friday Jobs】 海賊と海軍

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える、現代的な解釈を加えていこうという連載企画「#アップルノート Friday Jobs」。 「Friday Jobs」の…

300
松村太郎
1か月前
8
【#アップルノート #FridayJobs】  デザインはどう機能するかだ

【#アップルノート #FridayJobs】 デザインはどう機能するかだ

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える連載「#アップルノート #FridayJobs 」。

「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。

今回の引用はこちらです。

デザインとは、単に、どのように見えるか、どのように感じるかと言う話ではない。デザインは、どう機能するかだ。と言う引用です。

と言うことで、今回はデザインの話です。

体験のデザイン(U

もっとみる
【#アップルノート Friday Jobs】  顧客は将来欲しい物をまだ知らない?

【#アップルノート Friday Jobs】 顧客は将来欲しい物をまだ知らない?

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考えるコラム連載「#アップルノート Friday Jobs」。

「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。

今回の引用はこちらです。

ある人々は、顧客が欲しがる物を提供せよというが、それは私のやり方ではない。我々の仕事は、顧客が欲しがる前に、顧客が欲しがるであろう物を見つけ出すことだ、と言うのです。

もっとざっ

もっとみる
【#アップルノート Friday Jobs】  内なる声との対話

【#アップルノート Friday Jobs】 内なる声との対話

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える連載「#アップルノート Friday Jobs」。

「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。

今回の引用はこちらです。

「他人の意見に、自分の内なる声をかき消されないように」というフレーズは、2005年、スタンフォード大学の卒業式のスピーチで、学舎を巣立つ学生たちに向けて贈られました。

こちらも、超有名

もっとみる
【#アップルノート】 Apple Vision Proは、「何を」イノベーションするのか? 2月2日発売のアナウンスからわかってきたこと、のまとめ

【#アップルノート】 Apple Vision Proは、「何を」イノベーションするのか? 2月2日発売のアナウンスからわかってきたこと、のまとめ

いよいよApple Vision Proの予約と発売についてのアナウンスがありました。米国東海岸時間の1月19日午前8時(日本時間1月19日22時)から、予約の受付を開始。そして2月2日から、米国のApple直営店とオンラインストアで発売となります。

Vision Proは2023年6月の「WWDC 23」で発表され、一部のプレスや開発者へのデモが行われました。この時、2024年初頭の米国内での

もっとみる
【#アップルノート Friday Jobs】 海賊と海軍

【#アップルノート Friday Jobs】 海賊と海軍

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える、現代的な解釈を加えていこうという連載企画「#アップルノート Friday Jobs」。

「Friday Jobs」の他のコラムはこちらから。

今回の引用はこちらです。

このフレーズは、Macintosh開発中に、Apple入社に応募してきた人に投げかけた言葉と言われています。「海賊になれるのに、なんで海軍に入ろうと

もっとみる