マガジンのカバー画像

#アップルノート

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノ… もっと読む
¥1,000 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

【#アップルノート レビュー】 なぜ今さら、MagSafeデュアル充電パッドを手に入れたのか?

セブンイレブンでApple Payのnanacoを使ってApple Gift Card(全券種)を購入すると、nanacoのポイントとして10%還元されるキャンペーンを2022年5月5日まで実施しています。

このキャンペーンは、Apple製品を購入しようと考えている人にとっては、最大5万円までは実質的に1割引きで購入できるチャンスになります。また特にApple製品の購入を考えていない人であっても

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 イノベーションの在りか - 第3世代iPhone SEをどのように評価しているか?

Appleが2022年3月に発表したiPhone SE。簡単にサマリーすると以下の通りです。

「iPhone 13 Proと同じ」A15 Bionicチップ搭載

バッテリー増加

5G対応

デザイン据え置き

価格上昇(米国で30ドル上昇、日本で8000円上昇)

日本ではシェア10%にも上る人気デバイスをどのように評価すべきか?という視点について、共有したいと思います。

※4月の過労によ

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート コラム】 ドルの一存

筆者にとって、1ドル125円という数字を見るだけで、少し気分が悪くなります。米国で暮らしていた筆者にとって、円安ドル高は、生活資金が何もせずに目減りすることを意味していたからです。そういう意味では、2022年4月に記録した130円という数字は、気分を害すでは済まないほどです。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 Apple 2022年第2四半期決算で見えてきた強さと課題

Appleが発表した2022年第2四半期決算は、iPad以外の製品カテゴリすべてで予想を上回る成長を記録し、iPadもアナリストの予想よりも良い結果を出しました。

定点観測的なグラフと共に、開設します。

定点観測グラフで、決算を分析

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 Mac Studio、Studio Display、そしてコンピュータの近未来

アップルは2022年3月18日に、新型のデスクトップコンピュータとなるMac Studioと、これに最適な外付けモニタのStudio Displayを発売する。価格はMac StudioのM1 Maxモデルが248,900円から、さらに高速なプロセッサのM1 Ultraモデルが498,000円から。Studio Displayは199,800円からとなる(価格はいずれも税込)。

今回はMac S

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート コラム】 iPhoneはなぜ、イノベーションの現場になっているのか?

今回は長文のコラムをお届けします。我々は今、スマートフォンがある生活を前提として、暮らしています。すでに、それが当たり前でなかった頃のことを思い出すのも難しいほどに、生活に溶け込む存在となりました。

世界中で、貧富の差、世代の差問わず、スマートフォンがポケットに入っている状況が作り出されているため、スマートフォンの上で社会の問題解決やイノベーションが起きることは、必然と言えます。それが最も効果的

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 #AppleEvent 「Peek Performance」(最高峰を解禁)の開催を告知、MacとiPhoneのアップデートに注目

アップルは米国時間太平洋時間2022年3月8日午前10時に「Peek performance.」(最高峰を解禁。)と題したオンラインイベントの招待状をメディアに配布しました。2022年はサマータイムが3月13日からで、切り替え前のため、日本時間では3月9日午前3時と、普段より1時間遅い開催とります。

日本語では「最高峰」という言葉が使われているので当初「Peak」と誤記してしまいましたが、英語の

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 Facebookに対して大きな打撃を与えているAppleと、共存関係の崩壊

あまり多くの人が意識しないことだったかも知れないが、Apple、Google、Amazon、Facebook(Meta)はこれまで、多くの領域でそれらの存在をお互いに認め、直接的な競争を避けてきた。その関係は今でも続いているのではないだろうか。

しかしそうした関係性が崩れつつある。

巧妙な棲み分け戦略

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 Appleの2022年第1四半期決算、iPadが直面する半導体不足の影響と、日本が沈んだ理由

アップルは2022年第1四半期(2021年10〜12月)の決算で、過去最高の売上高となる1239億4500万ドルを記録した。今回の決算のハイライトと、好調な中での2つのマイナス要因、日本市場とiPadについて考える。

驚異的な決算

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート コラム】 Appleによる破壊的プロダクトの成功法則を、2015年のApple Watch発売によって発見していた

今回のコラムで皆さんと一緒に考えたいのは、いま我々がどんな時代に生きているか?という分析から、Appleの成功を紐解いていく、という話です。

不可逆的な変化が加速している

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 USB-C論争

2021年10月にMacBook Pro 14インチをメインマシンにして、非常に快適なMac環境を実現できました。

アームスタンドに浮く27インチディスプレイとミラーレス一眼とUSBマイク、スタンドで同じ高さに持ち上げられたMacBook Pro 14インチの環境は、デスクまるごとがドックみたいな存在です。

MacBook Pro 14インチは、久しぶりにコンピュータの活用スタイルそのものをア

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート 】14インチMacBook Proのキャリングケース、イイのありませんか? - 理想のキャリングケース像

2021年最大の買い物だった14インチMacBook Pro。弓月ひろみさん、リンクマンの3人でふりかえったGadgetouchの動画が公開となっています。こちらもぜひご覧下さいませ。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート REVIEW】 初売り限定!招きトラのAirTag

2022年の初売りは1月2日、3日でしたが、Apple Store(直営店)でiPhoneを購入した人限定で、トラの絵柄が刻印された限定AirTagがプレゼントされました。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート REVIEW】 GLID X - iPhone Xの分解アートはなぜ生み出されたのか?作者に聞く

昨年仕事場の刷新の際に、ずっと気になっていた作品を手に入れました。「e-Waste Art」とでも言うべきでしょうか。

その作品が「GRID X」でした。これはGrid Studioの作品で、古いiPhoneを分解して額装したものです。

もっとみる
ご愛読感謝!