#アップルノート

Editorial DAOで運営するメディア。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。

#アップルノート

Editorial DAOで運営するメディア。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。

    マガジン

    • #アップルノート

      米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

    記事一覧

    【#アップルノート】 Mac Studio、Studio Display、そしてコンピュータの近未来

    アップルは2022年3月18日に、新型のデスクトップコンピュータとなるMac Studioと、これに最適な外付けモニタのStudio Displayを発売する。価格はMac StudioのM1 Maxモデル…

    900
    7

    【#アップルノート コラム】 iPhoneはなぜ、イノベーションの現場になっているのか?

    今回は長文のコラムをお届けします。我々は今、スマートフォンがある生活を前提として、暮らしています。すでに、それが当たり前でなかった頃のことを思い出すのも難しいほ…

    500
    8

    【#アップルノート】 #AppleEvent 「Peek Performance」(最高峰を解禁)の開催を告知、Macと…

    アップルは米国時間太平洋時間2022年3月8日午前10時に「Peek performance.」(最高峰を解禁。)と題したオンラインイベントの招待状をメディアに配布しました。2022年はサ…

    500
    7
    【#アップルノート】 Mac Studio、Studio Display、そしてコンピュータの近未来

    【#アップルノート】 Mac Studio、Studio Display、そしてコンピュータの近未来

    アップルは2022年3月18日に、新型のデスクトップコンピュータとなるMac Studioと、これに最適な外付けモニタのStudio Displayを発売する。価格はMac StudioのM1 Maxモデルが248,900円から、さらに高速なプロセッサのM1 Ultraモデルが498,000円から。Studio Displayは199,800円からとなる(価格はいずれも税込)。

    今回はMac S

    もっとみる
    【#アップルノート コラム】 iPhoneはなぜ、イノベーションの現場になっているのか?

    【#アップルノート コラム】 iPhoneはなぜ、イノベーションの現場になっているのか?

    今回は長文のコラムをお届けします。我々は今、スマートフォンがある生活を前提として、暮らしています。すでに、それが当たり前でなかった頃のことを思い出すのも難しいほどに、生活に溶け込む存在となりました。

    世界中で、貧富の差、世代の差問わず、スマートフォンがポケットに入っている状況が作り出されているため、スマートフォンの上で社会の問題解決やイノベーションが起きることは、必然と言えます。それが最も効果的

    もっとみる
    【#アップルノート】 #AppleEvent 「Peek Performance」(最高峰を解禁)の開催を告知、MacとiPhoneのアップデートに注目

    【#アップルノート】 #AppleEvent 「Peek Performance」(最高峰を解禁)の開催を告知、MacとiPhoneのアップデートに注目

    アップルは米国時間太平洋時間2022年3月8日午前10時に「Peek performance.」(最高峰を解禁。)と題したオンラインイベントの招待状をメディアに配布しました。2022年はサマータイムが3月13日からで、切り替え前のため、日本時間では3月9日午前3時と、普段より1時間遅い開催とります。

    日本語では「最高峰」という言葉が使われているので当初「Peak」と誤記してしまいましたが、英語の

    もっとみる