松村太郎

ジャーナリスト / iU 情報経営イノベーション専門職大学 専任教員。 メンバーシップ…

松村太郎

ジャーナリスト / iU 情報経営イノベーション専門職大学 専任教員。 メンバーシップ #マツムラボ はじめました。ニュースへのコメントやディスカッションを通じて、テック・カルチャー・ビジネスの情報をアップデートし、未来のイノベーションに備えていきましょう。

メンバーシップに加入する

松村太郎研究室「マツムラボ」を開設します。 これまでのnoteマガジン「#アップルノート」を踏襲し、Appleとその周辺のテクノロジー、ライフスタイルに対する定点観測と、Appleをはじめとするテクノロジー企業から得られる広範な学び(フレームワーク、ビジネスモデル、環境やエシカル、クリエイティブなど)の研究を行うオンライン研究室です。 ■どんな人のための場所? ・Appleのことを毎日考えていたい人 ・iPhoneを使っていて、テクノロジー企業やビジネスに興味を持った人 ・ビジネスモデル、フレームワークなど、ビジネススキルを学びたい人 ・日々の生活をもっとクリエイティブに ■活動方針 これまでの記事主体のアウトプットに加えて、DAO(Discord)でのコミュニケーションを統合し、記事未満のニュースへのコメント、議論を掲示板で随時展開します。また、Podcastの文字起こし、YouTube Live、対面形式のミートアップも毎月開催していきます。 ■キーワード: #イノベーション #未来に備える #futureproof #作り方をつくる

  • Pro

    ¥1,000 / 月
    初月無料

マガジン

  • #アップルノート

    米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

  • #FridayJobs - ジョブズの名言でモチベUP

    【毎週金曜日更新】松村太郎が厳選したジョブズの名言をご紹介し、2024年的な解釈をしながら、モチベーションUP、インスピレーションを得ようというコラム連載です。 Apple好きに限らず、デザイン思考、生き方、ビジネスの法則、そして未来志向に興味がある方は、ぜひご購読ください。 ・更新期間 2024年1月6日〜12月27日 ・記事予定数 50本 【メンバーシップ・月額マガジンでもお読みいただけます】 「#FridayJobs」の記事は、noteメンバーシップ #マツムラボ (月額1000円)、有料マガジン #アップルノート(月額1000円)に含まれています。掲示板やそのほかの記事もお読みいただけます。こちらも併せて、ご検討ください! https://applenote.me/membership/

  • iPhoneが教えてくれる、超重要ビジネスフレームワーク図鑑

    iPhoneからビジネスを学ぼう! 高校生から知っておくべき超重要なビジネスフレームワーク、ビジネスモデルを、iPhoneから学ぼうというマガジンです。 ・スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表するときに使った「マトリクス分析」から、 ・Appleが世界一の時価総額を実現する理由を作ったApp Storeの「マルチサイドプラットフォーム」、 ・次々に気候変動対策の目標を達成していく組織に変えた「集合天才」「妄想学」まで、 学ぶべき15のフレームワーク・ビジネスモデルを、iPhoneのストーリーから学んでいきましょう。 ※ #マツムラボ メンバーシップの得点に含まれています。詳しくはこちら。 https://applenote.me/membership/join

記事一覧

【#アップルノート | 編集後記】やはり新製品が出ると盛り上がりますね!

早いもので、 #アップルノート 連載開始から3ヶ月が終わろうとしています。毎度メモ書き・走り書きをお届けしているこの連載、今月もご購読ありがとうございました。 まず…

松村太郎
7年前
2

【#アップルノート】AppleによるWorkflow買収が重要な2つの理由

Appleが、iOSで複数の作業を自動化することができるアプリ「Workflow」を買収したことが、3月22日に分かりました。 Workflowは2014年にリリースされたアプリで、2015年に…

300
松村太郎
7年前
5

【#アップルノート | アイディア】コンセプトとしての「Air」時代の終焉と、次の時代について

Appleは3月21日に、iPad Airラインアップを消滅させました。これによって、Appleにおける1つの時代が終焉を迎えたと考えました。そして、今後の新しい時代はどうなるのか、…

300
松村太郎
7年前
5

【#アップルノート】Apple春の新色コレクション - iPhone 7 (PRODUCT)RED、iPhone SE容量倍増、iPad投入の波紋

Appleは米国時間3月21日に、ウェブサイト等で、新製品の発表を行いました。 今回の発表では、iPhone 7に(PRODUCT)REDモデルが登場したほか、iPhone SEの容量を倍増、iPad …

300
松村太郎
7年前
5

【#アップルノート | レビュー】HomeKitを使って分かった、スマートホームが普及しない決定的な理由と、Siriが解決する問題につ…

今回はAppleのスマートホームプラットホームであるHomeKitを1ヶ月ほど試してきた結果についての考察です。米国のアパート住まいでは、特別なことをせずに導入しましたが、…

700
松村太郎
7年前
5

【#アップルノート | インサイダー】Apple Parkについてのインタビューを受けました

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

松村太郎
7年前
1
【#アップルノート | 編集後記】やはり新製品が出ると盛り上がりますね!

【#アップルノート | 編集後記】やはり新製品が出ると盛り上がりますね!

早いもので、 #アップルノート 連載開始から3ヶ月が終わろうとしています。毎度メモ書き・走り書きをお届けしているこの連載、今月もご購読ありがとうございました。

まずは、今月掲載の8本の記事を振り返っていきましょう。なお、ご購読者向けに公開した記事のタイトルは、URLを貼り付けてもサムネイルやタイトルが見られないようですので、タイトルだけテキストで記載しています。

なお、今月中に購読を開始すれば

もっとみる
【#アップルノート】AppleによるWorkflow買収が重要な2つの理由

【#アップルノート】AppleによるWorkflow買収が重要な2つの理由

Appleが、iOSで複数の作業を自動化することができるアプリ「Workflow」を買収したことが、3月22日に分かりました。

Workflowは2014年にリリースされたアプリで、2015年には自動化した作業を音声で操作できるアクセシビリティ性能が高く評価され、WWDCで開催されるApple Design Awardで表彰されました。

買収されたWorkflowのチームはAppleにそのまま

もっとみる
【#アップルノート | アイディア】コンセプトとしての「Air」時代の終焉と、次の時代について

【#アップルノート | アイディア】コンセプトとしての「Air」時代の終焉と、次の時代について

Appleは3月21日に、iPad Airラインアップを消滅させました。これによって、Appleにおける1つの時代が終焉を迎えたと考えました。そして、今後の新しい時代はどうなるのか、今年分かってくるのではないか、と見ています。

もっとみる
【#アップルノート】Apple春の新色コレクション - iPhone 7 (PRODUCT)RED、iPhone SE容量倍増、iPad投入の波紋

【#アップルノート】Apple春の新色コレクション - iPhone 7 (PRODUCT)RED、iPhone SE容量倍増、iPad投入の波紋

Appleは米国時間3月21日に、ウェブサイト等で、新製品の発表を行いました。

今回の発表では、iPhone 7に(PRODUCT)REDモデルが登場したほか、iPhone SEの容量を倍増、iPad Air 2を置き換える9.7インチモデルのiPad投入を含む、iPadラインアップの見直し、Apple Watchの販売方式の変更と新色バンド等の発売、そしてiPhone・iPad向けの新色ケース

もっとみる
【#アップルノート | レビュー】HomeKitを使って分かった、スマートホームが普及しない決定的な理由と、Siriが解決する問題について

【#アップルノート | レビュー】HomeKitを使って分かった、スマートホームが普及しない決定的な理由と、Siriが解決する問題について

今回はAppleのスマートホームプラットホームであるHomeKitを1ヶ月ほど試してきた結果についての考察です。米国のアパート住まいでは、特別なことをせずに導入しましたが、全く満足できる体験ではありませんでした。

まず先に断っておくと、これは直接的に「Appleが悪い」ということではないと思います。しかし、Appleが描くスマートホーム像を、多くの人は実現できない点では、Appleの努力不足と指

もっとみる