#アップルノート

【#アップルノート】 視点:日本は5Gで2〜3年遅れるかもしれない、そう思う理由

Appleの2020年第1四半期(2019年10〜12月)決算は、iPhoneの復活、ウェアラブルとサービス部門の急成長によって、売上高を8.9%成長させ、過去最高を記録しました。米国市場が絶好調なのは言うまでもありませんが、欧州もきっちりと伸び、長らく不振が続いていた中国市場すらプラス成長を記録しました。

しかし、Appleが分けている世界5つの市場のうち、唯一マイナス、しかも10%に迫る規模

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】 2020年を展望する

Appleは2019年、成長の踊り場的な局面を迎えていました。iPhoneの成長がピークアウトし、売上高全体が大きく減少。株価も230ドルあたりから142ドルまで下落しました。しかし、2019年を終えてみると、Appleの株のパフォーマンスは非常に高く、単純に株価だけみても、2倍を上回りました。

四半期ごとの決算的にはちょっと間に合いませんでしたが、iPhoneの穴を、ウェアラブルとサービスとい

もっとみる
ご愛読感謝!
7

【#アップルノート】 iPhoneの復活 ※ただし日本を除く - Apple 2020年第1四半期決算

Appleの2020年1月27日に発表された2020年第1四半期決算(2019年10〜12月)は、過去最高の売上高を記録しました。とにかくすごいの一言。いや、本当にそうなのか?ということで、定点観測的なおなじみのグラフを交えながらふりかえっていきましょう。

製品ごとの売上高を積み上げたグラフはこちらです。

・売上高 918億1900万ドル、前年同期比8.9%増
・製品の売上高 791億400万

もっとみる
ご愛読感謝!
9