見出し画像

【#アップルノート】 2020年を展望する

Appleは2019年、成長の踊り場的な局面を迎えていました。iPhoneの成長がピークアウトし、売上高全体が大きく減少。株価も230ドルあたりから142ドルまで下落しました。しかし、2019年を終えてみると、Appleの株のパフォーマンスは非常に高く、単純に株価だけみても、2倍を上回りました。

四半期ごとの決算的にはちょっと間に合いませんでしたが、iPhoneの穴を、ウェアラブルとサービスという2つの急成長領域で埋め切って、2019年を終えました。

2020年第1四半期決算については、いつものグラフを交えて詳しくまとめています。

山あり谷ありとはまさに昨年のAppleそのものでしたが、今後の展望について、少し引いた視点で、いくつかのトピックについて考えていきましょう。

----

ハードウェアとサービス:サービスに絞った企業へ脱皮するか?

この続きをみるには

この続き: 19,019文字
記事を購入する

【#アップルノート】 2020年を展望する

@taromatsumura

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura