見出し画像

【#アップルノート】 iPhoneの復活 ※ただし日本を除く - Apple 2020年第1四半期決算

Appleの2020年1月27日に発表された2020年第1四半期決算(2019年10〜12月)は、過去最高の売上高を記録しました。とにかくすごいの一言。いや、本当にそうなのか?ということで、定点観測的なおなじみのグラフを交えながらふりかえっていきましょう。

製品ごとの売上高を積み上げたグラフはこちらです。

画像2

・売上高 918億1900万ドル、前年同期比8.9%増
・製品の売上高 791億400万ドル、コスト520億7500万ドル
・サービスの売上高 127億1500万ドル、コスト45億2700万ドル
・研究開発費 44億5100万ドル、前年同期比14.1%増、過去最高。
・税引き後1株あたりの利益 4.99ドル、前年同期比19.4%増、過去最高

1年前のホリデーシーズンは、iPhoneの大失速によって、売上高が大幅にマイナスとなり、株価は142ドルまで下落しました。1月を終える時点でApple株は323ドルですから、1年間で2.27倍も上昇しました。その要因は、iPhoneの下落を穴埋めして余りあるほど、ウェアラブルとサービスが成長したことでした。

以下に、前年同期比をまとめたグラフを用意しました。これを見ると、何が要因だか一目瞭然、といえます。

----

この続きをみるには

この続き: 3,176文字 / 画像7枚
記事を購入する

【#アップルノート】 iPhoneの復活 ※ただし日本を除く - Apple 2020年第1四半期決算

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
9
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。