#アップルノート

【#アップルノート #WWDC20】 AirPods Proの空間オーディオサポートは驚いた

個人的にはたくさんの面白いトピックが登場したWWDC2020。その中からピックアップして、読み解いていきたいと思います。いきなり変化球のようですが、これぞソフトウェアの祭典ともいうべきトピックから。

今回、主要OSのアップデートもあり、これらは機能ごとに本連載で触れて行きますが、個人的に一番興奮したのはmacOSのUIの格好良さとAirPodsソフトウェアアップデートでした。ハードウェアはそのま

もっとみる
ご愛読感謝!
5

【#アップルノート #WWDC20】 CarKeyと高級車の不都合な関係

Appleが自動車の開発をする…そんな話題が繰り返し報じられては規模が縮小されたり、立ち消えになりそうになったり、なんともよくわからない状況が続いています。

一つだけ明確なことは、米国で暮らしていると、自動車通勤が主で、そういう人にとっては車で過ごす時間が少なくとも平日は2時間以上存在しているわけで、ライフスタイルに寄り添うサービスを実現しようとすれば、無視できない存在というわけです。

その一

もっとみる
ご愛読感謝!
8

【#アップルノート #WWDC20】 Apple Silicon移行の決断

さて、2020年6月末のマガジン更新、まずは皆さんが注目するApple Silicon搭載Macへの移行についてです。超大な原稿になってしまいましたが、現状、展望を中心に、Appleの今後のMacの展開を考えていこうと思います。

早速、どうぞ!

----

Appleが決断した理由

もっとみる
ご愛読感謝!
5

【#アップルノート】 LightningポートはSmart Connectorに置き換えられてしまうのか?

Appleはプラットホームやフォームファクターの大転換を何度か行なってきました。直近ではMacのPowerPCからIntelへの転換、iPhone/iPadのホームボタン廃止が記憶に新しいところです。

また、iPhoneやiPad Proからヘッドフォンジャックが取り除かれたことも、最近の変化でした。

AppleはiPhone 7でヘッドフォンジャックを廃止して、Lightning接続の有線イ

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】  買い換えるか? 2020年MacBook Pro 13インチ

MacBook Pro 13インチは、小幅な刷新となりましたが、一言で言えば、ラインアップ全体でコストパフォーマンスが高められたモデル末期、成熟モデルと言えるでしょう。

たまには高校自動車部らしく、車の例え話から。

よく欧州車は「モデル末期の葛藤」がある思います。モデル末期を選ぶか、1年待ってフルモデルチェンジをした最新型を選ぶか、という葛藤のことです。

モデル末期とは、フルモデルチェンジ直

もっとみる
ご愛読感謝!
11

【#アップルノート】   日本でもApple Store再開も「お店に来ないで!」 - Appleに関わる人々すべてを総括するディアドラ・オブライエン氏だからこその舵取りが光る

Apple Storeは、Appleでリテール+人事を担当するシニアバイスプレジデント、ディアドラ・オブライエン氏が統括しています。写真は2019年12月にTim Cook CEOが来日した際、

Apple丸ノ内Apple Storeは大中華圏以外では、3月15日に一斉に休業しました。他社の動向から見ても異例の早い対応に驚かされましたが、リテールと人事、すなわち顧客・社員を含む「Appleに関わ

もっとみる
ご愛読感謝!
9

【#アップルノート】 AppleとGoogleの「曝露検出API」、日本を含む22カ国と米国のいくつかの州が受け取り、アプリ開発に着手

AppleとGoogleは米国時間5月20日、新型コロナウイルスの感染拡大の押さえ込みを行う各国政府や衛生当局を支援するためのスマートフォン向けAPIを公開しました。各国1アプリの公開が可能で、国家や公衆衛生当局によるアプリ開発が許可されます。

早速、日本を含む22カ国や米国の州当局がこのAPIにアクセスし、アプリ開発着手あるいは開発中のアプリへの実装を進めることになりました。今回は、このニュー

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】 After COVID-19の地政学とApple

2020年4月アップデートでは、少し引いた視点で、現在我々が置かれている状況と、今後について捉え直してみたいと思います。

早速本題に入りましょう。

----

もっとみる
ご愛読感謝!
11

【#アップルノート】 iMacとMacBook Pro 13インチ…アップデートから取り残されたMac

2019年11月のMacBook Pro 16インチモデル登場。パフォーマンス、キーボードなど、Proを名乗るだけの仕様をより追求して登場しました。

デスクトップでiMac Proを使っていたユーザーが携行性を取り戻すために乗り換える、というパターンも出てきて、世代の新しいコンピュータのパフォーマンス向上に驚かされます。

そして2020年3月にMacBook Airが登場。

2018年にフル

もっとみる
ご愛読感謝!
13

【#アップルノート】 A14ベースのMacが2021年に登場する理由と、実現の姿とは?

iPad ProにMagic Keyboardが搭載されました。#iPadOnly な仕事環境を追求してきた筆者にとって、ある意味でiPad Proにおける仕事環境構築の一つの集大成とも言えるこのアクセサリの登場には感慨深いものがあります。

これまでキーボードとタッチスクリーンで仕事をしてきたため、残念ながらトラックパッドにはなかなか指が伸びませんが、iPad Proと最良のキーボードがドッキン

もっとみる
ご愛読感謝!
12