#アップルノート by @taromatsumura

141
ノート

【#アップルノート】 写真で振り返るスペシャルイベント「By innovation only」と、iPhone、Apple Watch、iPadハンズオン

Appleは2019年9月10日、本社であるカリフォルニア州クパティーノで、スペシャルイベント「By innovation only」を開催しました。今回は #アップルノート の読者の皆さんと、イベントと新製品について振り返って行きたいと思います。

※現在、前半まで掲載しました。続きは金曜日の夜に更新します。いよいよ登場するApple Watch、iPhoneの実機に触れたハンズオンを、お楽しみ

もっとみる

【#アップルノート】 9月10日「By Innovation Only」イベント開催、今年のiPhone戦略と周辺環境を考える

Appleは報道関係者向けに、スペシャルイベントの招待状を発送しました。例年開催されるiPhone発表イベントになると見られております。

米国時間9月10日午前10時(米国太平洋夏時間、日本時間では9月11日午前2時)に、本社がある米国カリフォルニア州クパティーノ市にあるApple Park内「Steve Jobs Theater」を開催すると記されています。

毎回のスペシャルイベントには1行

もっとみる

【#アップルノート】 2019年第3四半期決算の意外な内容とは

Appleは7月31日、2019年4〜6月にあたる2019年第3四半期決算を発表した。アナリストの予測を覆し、売上高は538億ドルと前年同期比1%増となりました。

その牽引役として急浮上してきた分野は、ウェアラブルデバイス。AirPods 2の投入もありましたが、依然としてAirPodsは「作れば作るだけ売れていく」状況のようです。

また、20〜30%という大きなマイナス幅を記録し続けてきた中

もっとみる

【#アップルノート】 2019年モデルのiPhone、いつ出そう?

毎年iPhoneは9月に発売されます。そして日程についても、ある程度想像することができます。

近年は「9月第2週」あるいは「9月10日前後」に発表日が設定されています。

- iPhone 7が発表されたのが、2016年9月8日木曜日
- iPhone XとiPhone 8を発表したのが、2017年9月13日水曜日
- iPhone XSとiPhone XRを発表したのが、2018年9月12日水

もっとみる

【#アップルノート】 Apple、Intelのスマートフォンモデム部門を買収でどうなる?

かねてから買収が観測されていましたが、AppleはIntelのスマートフォン部門の大部分の持分を買収することで合意したと発表しました。これにはIntelの2200人の人材と装置、そして17000件にも及ぶ無線技術の特許が含まれており、Appleによると10億ドルの評価であるとしています。

今回の買収が、AppleやiPhone、その他の製品に対して、どのような意味を持つことになるのか、考えていき

もっとみる

【#アップルノート】 Appleデザイン、これまでとこれからについて考えるヒント

Appleで1992年から工業デザインに携わり、数々のヒット製品を手がけたジョナサン・アイブ氏が、同社を去ることが発表されました。Wall Street Journalは、1年以上にわたる取材を通じて、近年のAppleとデザインをめぐる内情についてストーリーをまとめています。

もっとみる

【#アップルノート】 Mac Pro・ProDisplay XDR・iPadOSからみる、Appleなりのコンピューティングの未来

今回のWWDC19で最も考えさせられたのが、Appleが我々のコンピューティングをどのように舵取りしていくのか、という点でした。もちろんコンピューティングを方向付けるのはIntelやMicrosoft、Googleといった存在も欠かせません。またグラフィックスや拡張・仮想現実、機械学習や人工知能といった各技術も左右することになるでしょう。

Appleはこれらを束ねてユーザー体験を構成するデバイス

もっとみる

#Apple のデザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏が2019年後半に退職へ

Apple のデザイン最高責任者、ジョナサン・アイブ氏が2019年後半でAppleから独立し「LoveFrom」という新しいクリエイティブファームを設立。その最初のクライアントがAppleになるそうです。アイブ氏としては、Apple製品開発に長い長い年月深く携わりたい意向だそうです。

Appleのデザインを作ってきたカリスマの退社

もっとみる

【#アップルノート】App Storeのビジネスへの反トラスト法の裁判に青信号

米連邦最高裁判所は、Appleを相手取って集団訴訟が起こされているApp Storeの反トラスト法の裁判について、審理の継続が可能であるとの判断を下しました。

まだAppleが裁判で敗訴したり、App Storeのビジネスについて改善が指示されたわけではありませんが、市場では米中貿易戦争でApple株が大きく崩れたタイミングもあって、追い打ちをかけているようです。

App Storeは、App

もっとみる

【#アップルノート】 Apple WatchのAndroid対応は実現するか?

飽和する世界のスマートフォン市場で「スイッチ」促進に、Apple Watchの「ハロー効果」を活用するのは妙案。だが…

個人的には、Appleはこういう思い切った戦略に打って出ても良いのではないか、と思っています。Apple Watchは現在、前年比で50%成長を継続しているウェアラブル部門の中核製品。これをiPhoneユーザーに閉じておくのではなく、Androidユーザーにも拡げることは、部門

もっとみる