#アップルノート

【#アップルノート】 Apple 2021年第1四半期決算をふりかえる - 驚異的な数字の内訳と展望とは

※編集中で、画像などを追加します。

Appleは2021年1月28日に、2021年第1四半期決算(2020年10〜12月)を発表した。売上高は1114億3900万ドルで前年同期比21.4%増。四半期決算として1000億ドル(およそ10兆5000億円)を突破する記録的な数字となった。

新型コロナウイルスについては『記憶に残る中で最も厳しい環境だった』と決算発表の電話会議でも指摘する中、Apple

もっとみる
ご愛読感謝!
11

【アップルノート】 ポータブルディスプレイで、オンライン授業用にiMacのディスプレイを拡張 - Kiperline KL Skyline Gen-9

【デスクからレビューシリーズ】オンライン授業をiMacから行う際、いままでiPad ProをSidecarで接続して拡張ディスプレイとしてきたのですが、iPadから板書をすると、拡張ディスプレイを解除する必要が…。

困っていたところ、Kiperline KL Skyline Gen-9という省スペースで1080p、15.6インチのポータブルディスプレイをお借りしたので、レビューをお届けします。

もっとみる
ご愛読感謝!
8

【#アップルノート】 Apple Siliconと、チップを取り巻く状況

Appleは2020年6月にMacを自社設計のApple Silicon搭載、2年計画で移行することをアナウンスした。そして2020年11月にM1搭載のMacを3モデル発売しました。

エントリーモデルに当てられたM1チップは、Geekbench 5のプロセッサのマルチコアスコアだけで比べれば、Mac Proのベースモデルに匹敵してしまっています。おそらく毎年アップデートすると言うよりは、1年半か

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】 MacBook Proのポート類、何が欲しい?

Bloombergは、2021年にMacBook Pro、iMacシリーズがデザイン変更を伴う刷新を計画していることを伝えています。

iMacについては別に触れるとして、注目しているのはMacBook Proシリーズのデザイン変更に伴う様々な「改良」です。BloombergやMing-Chi Kuo氏は、14インチ、16インチのMacBook Proに、MagSafe、改良されたディスプレイ、ポ

もっとみる
ご愛読感謝!
11

【#アップルノート】 Holiday Guide 2020 - Apple製品を俯瞰してみる総合レビュー

2020年も大変お世話になりました。2021年も引き続き、#アップルノート をよろしくお願い致します。

今年の10月から、どのようにして皆さんにコンテンツをお届けする形式が良いのか、少し再構成して考える時間を取らせてもらいました。準レギュラーを務めるGadgetouchをきっかけに、YouTubeチャンネルの整備を進めながら、最終的には #アップルノート を充実させるエコシステム作りに結びつけて

もっとみる
ご愛読感謝!
13

【#アップルノート】 ライトアップ! 2020年のベストバイは、1000円ちょっとのこれ…

2020年のまとめ記事やベストバイがたくさん投稿されるようになり、年の瀬も迫ってきたな、という感覚が拡がってきました。今年は働く環境、学ぶ環境が一変していて、不完全燃焼に思った方もいるのではないでしょうか。

Mac、iPhone、iPadなど、使うツールが同じでも、使い方、ライフスタイルが変わると、必要となるアクセサリも変わってくるはず。

そうした中で、個人的に今年最も重宝し、毎日使ったアクセ

もっとみる
ご愛読感謝!
9

【#アップルノート】 新しいスキル「PVP」、はじめませんか?

Yahooニュース個人の有料記事より。

PVPとは、Professional Video Presenceのこと。つまりビデオ画面の中で、人々に何かを伝えたり、人を説得したりするプレゼンテーションのスキルを指します。テレビの画面に映っているアナウンサーやタレント、役者といった方々は、まさにプロなわけで、毎日のようにカメラの前に立ち、人々に何かを伝えています。

しかし2020年になって、まさか普

もっとみる
ご愛読感謝!
16

【#アップルノート】 M1 MacBook Proについて思うこと

2020年11月10日のイベントで、ついにAppleは、自社チップM1を搭載したMacを3モデル発売してきました。この発表は、非常に意味があると思いますし、コンピュータ業界を一変させたイベントとして、記憶に残しておいても良い野ではないか、とすら思っています。

コンピュータの世界は、M1 Macによって確実に新しいページ、つまり別次元のパフォーマンスとバッテリーの関係性へと進んだと考えています。

もっとみる
ご愛読感謝!
12

【#アップルノート】 M1搭載Mac登場で分かった、成功しているiPhoneのマーケティングをMacに持ち込む方法、そして絶対売れる理由

Appleは米国時間11月10日、2020年に入ってから4度目となるオンラインイベントを開催し、これまで「Apple Silicon」と言われていた独自開発のプロセッサー「M1」を搭載する主力のコンピュータ「Mac」を発表した。いずれのモデルも、日本時間11月11日からオンラインで販売され、来週には手元に届く。

2020年6月の開発者会議「WWDC20」で、今後2年かけて、これまで採用してきたI

もっとみる
ご愛読感謝!
18

【#アップルノート #WWDC20】 Apple Silicon移行の決断

さて、2020年6月末のマガジン更新、まずは皆さんが注目するApple Silicon搭載Macへの移行についてです。超大な原稿になってしまいましたが、現状、展望を中心に、Appleの今後のMacの展開を考えていこうと思います。

早速、どうぞ!

----

Appleが決断した理由

もっとみる
ご愛読感謝!
6