見出し画像

#【#アップルノート #FridayJobs】 ぼったくりという意味じゃない。

毎週金曜日、モチベーションが上がるSteve Jobsの言葉を、改めて考える連載「#アップルノート #FridayJobs 」。

「#FridayJobs」の他のコラムはこちらから。

今回からは、スティーブ・ジョブズは、幾度も、All things D conferenceに登壇していましたが、この中から、パワフルなフレーズを引用しながら、現在のデジタルの状況と対比させつつ、未来を考えていきましょう。

今回は2003年に初めて登壇した際の引用です。

Yes, the slogan was "Rip. Mix. Burn." Some industry executives—who did not have teenagers living at home—thought this meant "rip off." They went to Washington, held us up in effigy. That's not what it meant.

そう、スローガンは、「リップ、ミックス、バーン」だった。家にティーネージャーが同居していない業界の重役の何人かは、「ぼったくり」の意味だと思った。彼らはワシントンに行って、私たちをさらし者にした。そういう意味じゃなかったんだ。

2003年は、AppleがiPod向けに、iTunes Music Storeをリリースしたタイミングでした。それまでのスローガンは、音楽を楽しむ若い世代のライフスタイルに刺さるモノでしたが、それを違う意味で受け取る世代の存在を皮肉っているフレーズです。

ここから先は

1,450字
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?