マガジンのカバー画像

#アップルノート

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノ… もっと読む
¥1,000 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#アップルノート

【#アップルノート】 Apple Coin的な進化を早速発揮する、Apple初売りとApple Gift Cardの10%還元

Appleは2022年1月2日・3日の両日、Appleオンラインストアと直営店で初売りセールを開催しています。この施策には、2021年に驚くべき進化を遂げたApple Gift Cardを用いたApple王国で流通する通貨的な存在の誕生、、もしくはAppleというゲーム内通貨の実験が行われています。

まずは、初売りセールの話題から。

初売りセールは単純な割引きではなく、各製品の購入でApple

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート コラム】 SDGsというテンプレに頼らない

新型コロナウイルスは、2021年に入って治まったかに見えましたが、再び変異株の高い感染力を前に、暗い影を落とす年末年始となりました。ここまでの2年間のパンデミックの中での生活で何が起きたのか、まだ総括するには早いかも知れませんが、一つ気づいたことがあります。

パンデミックは、様々な物事の時間を急速に早めている、ということでした。なんらかの構造やトレンドがあった場合、その時間の流れが速くなり、強化

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート ホリデーガイド 2022】 話題をさらった激変のMacは、リベンジ成功

#アップルノートホリデーガイド2022 、Mac編。

Macに対する視点は2016年から一貫して、「Mac軽視の火消し」だった。Tim Cook CEOはMacが大切だと強調しているが、なかなか製品のスペックが伴っていかない。そこで2020年にIntelチップからApple Siliconへ移行し、離れたユーザーを取り戻しにかかっている。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート ホリデーガイド2022】 iPadもminiがあたりだった

#アップルノート ホリデーガイド2022、iPad編。

2021年は、iPad Pro、iPad、iPad miniの3モデルがアップデートされ、iPadにとって充実した1年になった。そんなiPadについて、2つの視点でふりかえっていきたい。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート ホリデーガイド2022】 iPhone 13 miniはシリーズで最も進化を感じる1台だった

#アップルノート 、12月の更新は、Appleの各プロダクトごとにふり返りながら、ポイントとなった製品や技術についてふりかえって参りましょう。まずはiPhoneからです。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート #散財注意報】14-inch MacBook Proを核としたデスク改革のためのアクセサリ12点

14インチMacBook Pro(Ultimate!)に買い換え、2年ぶりにコンピュータ環境を見直して整備することにした2021年秋。これまでデスクトップ(iMac 27インチ)と13インチMacBook Proという2台体制だったマシン環境を、14インチMacBook Proに一本化する決断をしました。

主な理由は、14インチMacBook Proに、Apple Siliconのデスクトップも

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート #ジャーニー】 ジョブズの死の1ヶ月後、米国に引っ越していた話

11月10日は、皆さんにとっては何でもない日付かも知れませんが、筆者にとっては人生のターニングポイントでした。31年間過ごしてきた東京から始めて別の街へ引っ越した日。しかもその行き先は、カリフォルニア州バークレーでした。

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】 Twitter CEO、ジャック・ドーシー氏が退任。取材録と功績について

TwitterのJack Dorsey(ジャック・ドーシー) CEOは、2021年11月29日をもって、TwitterのCEOを退任することを明らかにしました。Twitterについては、個人的にはすでに「なくてはならない情報インフラ」になっていると認識しており、他のSNSとは少し異なる存在であると考えています。

そんなドーシー氏にインタビューする機会があり、また米国におけるTwitterの存在に

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート コラム】 MacBook Proで果たしたいAppleの戦略的ゴールとは?

Appleの新型MacBook Proを1ヶ月使ってきて、いろいろなことが見えてきました。少なくとも筆者は、別の記事でもまとめるとおり、デスクトップとノートという2台体制ではなく、やはりMacBook Proを唯一のメインマシンとして、デスク環境をまとめていこうと考えました。

特に14インチモデルは、メインマシンを持ち運ぶ軽快なモバイル性が非常に大きな魅力です。確かに16インチよりもディスプレイ

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】14-inch MacBook Proのノッチ - 邪魔か、ボーナスか?

14-inch MacBook Proへの環境移行に伴うファーストインプレッションです。今回は、発表直前に突如として現れたノッチについてです。

なんというか、Appleとして、ディスプレイの切り欠きを正当化するような形となったため、iPhoneからノッチがなくなるのもまだまだ先の話になりそうです。

ちなみにTwitterの返信で「なるほど」と思ったのは、ノッチのおかげでiPhoneの上下が判別

もっとみる
ご愛読感謝!

【#アップルノート】14-inch MacBook Proのディスプレイ - Liquid Retina XDRの必然

新たなメインマシンとしての14-inch MacBook Proのキーボードを叩きながら、ファーストインプレッションをお届けしています。

今回は、個人的にもっとも注目していた、Liquid Retina XDRディスプレイの話です。

※画像は後ほど追加します

クオリティが高かったApple製品のディスプレイ
これまでもMacのディスプレイは、サードパーティーのディスプレイ、他のメーカーのディ

もっとみる
ご愛読感謝!