#アップルノート

【#アップルノート #レビュー】Apple TVに接続するテレビを選ぶ - 東芝 REGZA 50M530X

新型コロナウイルスによる巣ごもり生活は、テクノロジー、特にガジェット好きにとっては非常にマズい半年間でした。「でした」と書きましたが、おそらくまだまだそういう生活が続き、これが当たり前になりそうです。

こういう人種にとって、ある意味で「他人の散財は蜜の味」「人柱」などと、耳を覆いたくなるような散々な言いようであったわけですが、人のことを言っていられない状況に陥ってしまった、という方も少なくないの

もっとみる
ご愛読感謝!
14

【#アップルノート】 気まずいGAFAの決算と、デジタル化、プラットホーム、行動変容について真剣に考える

Google、Amazon、Facebook、Appleなど、テクノロジー企業の決算発表が軒並み行われています。

Googleの親会社のAlphabetは2004年の上場以来初めての減収となりましたが、その他の企業は軒並み好決算を叩きだした。

特にAmazonは、6割の減収予想をひっくり返し、89%増収。世界中の都市がロックダウンされ、オンラインショッピングの需要が高まっていたことが挙げられま

もっとみる
ご愛読感謝!
12

【#アップルノート】 デザインから環境へ、ジョニーからリサへ。

Appleは毎年、4月のアースデーに合わせて、環境問題への取り組みの進捗に関する報告書を発表しています。

これまでで大きなマイルストーンとなっていたのは、Appleのビジネス全体の「カーボンニュートラル」化でした。カーボンニュートラルとは、二酸化炭素の排出と吸収の差し引きをゼロにするということ。さらに、二酸化炭素の吸収が増えていけば、「カーボンネガティブ」や「カーボンマイナス」と言われています。

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】 iOS 14 で早く使いたい新機能ガイド

#アップルノート 7月末の更新、まずはiOS 14のベータ版についてです。なお、取材に基づき、特別な許可を得て、スクリーンキャプチャなどを掲載しています。

iOS 14は、初のオンライン開催となった世界開発者会議、WWDC20で発表されたiPhone向けのOSです。一応WWDC20ではiOS 14と呼称していますが、ソフトウェアアップデート後には「iPhoneOS 14」という表記も見られ、今後

もっとみる
ご愛読感謝!
12

【#アップルノート】  5G iPhone遅れの可能性

今週から、CNET Japanで連載中の「Appleニュース一気読み」の草稿を、#アップルニュース の読者の皆さんにもシェアしていきます。記事には2つ程度しか解説を載せておらず、しかも短く削った内容を投稿しているのですが、実は長短含めて、全部の記事にコメントを付けており、購読者の皆様向けには、そのメモを全部お届けします。

まずは、5G対応iPhoneの話題からです。

5G対応iPhoneに遅れ

もっとみる
ご愛読感謝!
8

【#アップルノート #WWDC20】 CarKeyと高級車の不都合な関係

Appleが自動車の開発をする…そんな話題が繰り返し報じられては規模が縮小されたり、立ち消えになりそうになったり、なんともよくわからない状況が続いています。

一つだけ明確なことは、米国で暮らしていると、自動車通勤が主で、そういう人にとっては車で過ごす時間が少なくとも平日は2時間以上存在しているわけで、ライフスタイルに寄り添うサービスを実現しようとすれば、無視できない存在というわけです。

その一

もっとみる
ご愛読感謝!
9

【#アップルノート #WWDC20】 Apple Silicon移行の決断

さて、2020年6月末のマガジン更新、まずは皆さんが注目するApple Silicon搭載Macへの移行についてです。超大な原稿になってしまいましたが、現状、展望を中心に、Appleの今後のMacの展開を考えていこうと思います。

早速、どうぞ!

----

Appleが決断した理由

もっとみる
ご愛読感謝!
6

【#アップルノート】 LightningポートはSmart Connectorに置き換えられてしまうのか?

Appleはプラットホームやフォームファクターの大転換を何度か行なってきました。直近ではMacのPowerPCからIntelへの転換、iPhone/iPadのホームボタン廃止が記憶に新しいところです。

また、iPhoneやiPad Proからヘッドフォンジャックが取り除かれたことも、最近の変化でした。

AppleはiPhone 7でヘッドフォンジャックを廃止して、Lightning接続の有線イ

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【#アップルノート】  買い換えるか? 2020年MacBook Pro 13インチ

MacBook Pro 13インチは、小幅な刷新となりましたが、一言で言えば、ラインアップ全体でコストパフォーマンスが高められたモデル末期、成熟モデルと言えるでしょう。

たまには高校自動車部らしく、車の例え話から。

よく欧州車は「モデル末期の葛藤」がある思います。モデル末期を選ぶか、1年待ってフルモデルチェンジをした最新型を選ぶか、という葛藤のことです。

モデル末期とは、フルモデルチェンジ直

もっとみる
ご愛読感謝!
11

【#アップルノート】   日本でもApple Store再開も「お店に来ないで!」 - Appleに関わる人々すべてを総括するディアドラ・オブライエン氏だからこその舵取りが光る

Apple Storeは、Appleでリテール+人事を担当するシニアバイスプレジデント、ディアドラ・オブライエン氏が統括しています。写真は2019年12月にTim Cook CEOが来日した際、

Apple丸ノ内Apple Storeは大中華圏以外では、3月15日に一斉に休業しました。他社の動向から見ても異例の早い対応に驚かされましたが、リテールと人事、すなわち顧客・社員を含む「Appleに関わ

もっとみる
ご愛読感謝!
10