見出し画像

【 #アップルノート 】 Appleの「地図」、使っていますか?

Appleの「マップ」、皆さん使っていますか?

アメリカを含む世界的にGoogleマップの方がその情報量やナビゲーションの精度に定評があり、また日本ではヤフーのアプリが頭一つ抜け出ている感があります。

そもそも、国防上重要だった地図がこれだけオープンな存在になったこと自体、現代の大きな進歩なんじゃないか、と思う一方で、我々が地図で何をするか?という活用の進歩にとっても、正確でプラットホームとして活用できる地図は重要だと思います。

今回は、2012年に独自の地図を提供し始めたAppleの悪戦苦闘と将来について、触れていきます。

AppleはiPhoneを投入した2007年から長らくGoogleマップを採用してきましたが、2012年からは独自の地図を採用しました。iPhoneを2007年秋に、初めてニューヨークで使った時、一番感動したのは地図でした。

その時思ったのは、「地図音痴」「方向音痴」は地図のせいだ、ということでした。

自分のいる場所がGPSでポイントされる。進む方向をきちんと画面の上に回転できる、検索できる…。どれもGoogleマップの機能ですが、それを当時としては大きかった3.5インチディスプレイの中で自在に指で操れる点は、本当に未来だと持ったものです。

しかし、その未来を2012年に一度捨てたのは、Appleでした。

ここから先は

2,582字 / 2画像
この記事のみ ¥ 200
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?