【#アップルノート】 2019年第3四半期決算の意外な内容とは
見出し画像

【#アップルノート】 2019年第3四半期決算の意外な内容とは

Appleは7月31日、2019年4〜6月にあたる2019年第3四半期決算を発表した。アナリストの予測を覆し、売上高は538億ドルと前年同期比1%増となりました。

その牽引役として急浮上してきた分野は、ウェアラブルデバイス。AirPods 2の投入もありましたが、依然としてAirPodsは「作れば作るだけ売れていく」状況のようです。

また、20〜30%という大きなマイナス幅を記録し続けてきた中国市場も、4.1%減の水準まで戻してきました。Appleは、意外なまでに素早く「iPhone偏重」のビジネスからの脱却を図りつつあることを反映する決算だった、と振り返ることができます。

それでは、おなじみのグラフも交えながら、詳しく見て行きましょう。

——

iPhone依存率が50%を切ったAppleの転換点

この続きをみるには

この続き: 3,985文字 / 画像8枚
記事を購入する

【#アップルノート】 2019年第3四半期決算の意外な内容とは

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura