見出し画像

【#アップルノート 2018年12月号】 今年のホリデーギフトは何ですか?

いよいよ2018年も師走、12月の1ヶ月を残すのみとなりました。
読者の皆様には2018年も大変お世話になりました。

今年の皆さんのホリデーギフトは何でしょうか?

Apple製品でいえば、iPhoneやiPadのリプレイス、Macの買い換え、カメラなどのデバイスも充実しています。じゃあiPad Proに投資するか、Macでそのまま行くのか、という判断も難しければ、GoPro HERO7 BlackとDJI OSMO Pocketのどちらが自分にぴったりなカメラなのか、とても悩ましかったりしますよね。

いろいろな製品やカテゴリのクロスオーバーが起きており、選択肢が拡がっています。その一方で、ユーザー側が無関心になるか、よほどの戦略性を持つかのどちらかでなければ、スタイルも定まらず、デバイスばかり増えていく、そんな地獄沼のような状況に陥りやすい、ということでもあります。

今月の #アップルノート では、そうした判断に悩む部分について、私も含めて答えを見つけていければ、と思っています。若干散財気味の方向になることも覚悟の上で…。

※最新の記事を、この記事に順次追加していきます。
※短い記事や写真は、Medium @tarosite/apple で毎日更新しています。
#アップルノート、@tarosite、その他のニュースクリップは、Twitter @tarosite をご覧下さい。

この続きをみるには

この続き: 0文字
記事を購入する

【#アップルノート 2018年12月号】 今年のホリデーギフトは何ですか?

@taromatsumura

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
1
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。