見出し画像

【#アップルノート】 2020年第4四半期決算、コロナ禍の堅実と展望について

画像1

Appleは米国時間2020年10月30日、2020年第4四半期決算を発表しました。売上高は646億9800万ドルで、前年同期比1.03%増。実はこの数字、ウルトラ級にすごいことです。ここ最近何度か見ているのですが、iPhoneの売上が2番目に盛り上がる決算期を、新型iPhoneなしで戦って、きっちりその穴を埋めきったからです。

画像4

なお1株あたりの利益は税引き後で0.73ドルと極めて下がっていますが、株式分割があったことをお忘れなく。

Tim Cook CEOは、決算発表の電話会議で、引き続き不確実性が大きく、2021年第1四半期決算の売上高のガイダンスは発表できる状態ではないとしてていますが、次の決算の売上高は、過去最大となることは確実ではないか、と思います。

引き続き、新型コロナウイルスの第二波の到来に備えるシフトを敷き続けており、Apple Storeも思うように回転できないため、キヨスクのようなスタイルでのiPhone販売もスタートするなど、顧客との接点のオンライン化や、密にならない新しい形態を試すなど、創意工夫も見えてきています。

それでは、詳しく見ていきましょう。

ここから先は

3,371字 / 6画像
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?