見出し画像

【#アップルノート】 It's Show Timeイベントをいかに解釈すれば良いか?

Appleはカリフォルニア州クパティーノにある本社Apple ParkのSteve Jobs Theaterで、「It’s Show Time」イベントを開催しました。春のApple Parkは初めてでして、Steve Jobs Theaterには若い桜の木が植えられ、花が可憐に咲いておりました。

またシアターのロビーには、ソファとコーヒーカウンターが用意され、Chemexでコーヒーを淹れるサービスが展開されていました。このあたりも普段見ない光景ですね。

Appleが狙うサービス部門のビジネス展開について、また特に米国におけるサービス群の意味について、考えていきましょう。

そのまえに、オープニングフィルムとその音楽を貼り付けておきます。

「異例」といわれたイベント

この続きをみるには

この続き:15,882文字/画像32枚
記事を購入する

【#アップルノート】 It's Show Timeイベントをいかに解釈すれば良いか?

#アップルノート by @taromatsumura

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。