見出し画像

【 #アップルノート 】 脱「ホームボタン」のiPhoneを先取りする

次のiPhoneは、前面が全てディスプレイになるデザインを採用すると言われています。iPhone登場以来、画面のすぐ下に配置されて来たホームボタンは、いよいよ、その姿を消すことになりそうです。

とりあえずホームボタンを押せばなんとかなる、という安心感すらあったこのボタンですが、iPhone 5sでは指紋センサーTouch IDが内蔵され、iPhone 7では押し込めるタイプから感圧式へと変更されました。

ちょうど、2016年8月、iPhone 7登場前に、マイナビニュースの連載記事の中で、「ホームボタンが感圧式になるのなら、もうホームボタン自体がなくなる未来も」という予測をしていました。すでにiPhone 6sに搭載された3D TouchディスプレイとTapTic Engineを用いれば、画面内のホームボタンでも、同じ操作感覚を提供できるからです。

Appleは、ユーザー体験の継続性の観点から、すぐにホームボタンというアイコニックな操作方法をiPhoneから排除することはない、と予測しています。やったとしても、必要な時に表示される仕組みにするなどでしょう。もし画面いっぱいにコンテンツを楽しみたければ、当然ホームボタンを表示させる部分が邪魔になるわけです。

このあたりの体験を、新しいiOSでどのように作っていくでしょうか。

----

<続きの約2824文字は、有料記事・定期購読で>

ここから先はマガジン「#アップルノート」の定期購読にご登録頂いている方、記事をご購入頂いた方がお読み頂けます。

「#アップルノート」では、松村太郎によるAppleやシリコンバレー取材を通じた「記事化前の情報や資料、ノート、写真、雑感」を毎週お届けしています。iPhone以降のモバイルライフとその次のテクノロジーの可能性について、我々の生活がいかに変わるかという未来を紐解いていきましょう。

マガジンのトップはこちらからhttp://go.tarosite.net/applenotemag

ご質問・ご感想は Twitter @taromatsumura 宛に、「#アップルノート」ハッシュタグをつけてお寄せ下さい。

----

この続きをみるには

この続き:3,159文字
記事を購入する

【 #アップルノート 】 脱「ホームボタン」のiPhoneを先取りする

#アップルノート by @taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。