見出し画像

【#アップルノート】 Appleに迫る「トランプ関税」

Appleは9月7日のマーケットで、株価を1%弱下げました。依然として時価総額1兆ドルの水準を大きく上回っていますが、かねてからくすぶっていた懸念への現実味が増してきたことが原因です。

Tim Cook CEOは2018年第3四半期決算の電話会議で、「関税は消費者に対する税金」として、米中貿易戦争の中で次々に発動される関税を批判しています。

そうした中で、トランプ政権は10%だった関税を25%に引き上げ、また9月にも新た6031品目、2000億ドル分の中国からの輸入関税の発動の方針を明らかにしています。この新たな関税には消費財も多数含まれており、これまで以上に一般消費者への影響を与えることになりそうです。

Apple製品のほとんどが中国で組み立てられ、中国から輸入されている現状を考えれば、影響を受け始めるのは時間の問題、ということになりますが、9月の第3弾の発動は、9月12日の新製品の「価格」に影響を与える可能性が高いとみられています。

トランプ大統領は、2000億ドル分の輸入品への関税に加え、さらに2670億ドル分の中国からの輸入品への関税もありえる、と記者団に伝えました。これすなわち、中国からの輸入品全てを意味するわけで、Appleにとっての「本丸」、iPhoneへの関税も危機が迫っています。

この続きをみるには

この続き: 2,150文字
記事を購入する

【#アップルノート】 Appleに迫る「トランプ関税」

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
3
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。