見出し画像

【#アップルノート】 iPhone 12レビュー

iPhoneが2回に分かれて発売されたことは過去にもありました。

例えば2017年のiPhone 8シリーズとiPhone X、2018年のiPhone XSとiPhone XR。製造が間に合わなかった、売りたい方を先に出した、などいろいろと理由はありますが、2020年については、そもそもiPhone全体が1ヶ月遅れた中で、さらに3週間ほどの間隔を空けたリリースというパターンは、変則的と言えます。

10月23日にiPhone 12とiPhone 12 Proが発売され、11月13日にiPhone 12 miniとiPhone 12 Proが控えます。詳しく見てみると、6.1インチの2モデルが先に出て、それ以外5.4インチと6.7インチという、いずれも新しい画面サイズが後から出てくるという構図。

確かに利にかなっているようにも思えますが、iPhone 12とiPhone 12 Proではディスプレイのサプライヤーが異なるため、どうも技術的な観点ではないんじゃないか、と勘ぐりたくなります。

6.1インチモデルが2020年のiPhoneの顔として、一番売りたいサイズだという押し出しなのではないか、と理解しています。

それでは、細かく見ていきましょう。

今回登場する6.1インチの2モデル

画像1

この続きをみるには

この続き: 6,165文字 / 画像20枚
記事を購入する

【#アップルノート】 iPhone 12レビュー

@taromatsumura

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
9
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura