見出し画像

【#アップルノート】 CES 2019で明らかになったAirPlay 2のスマートテレビ対応はAppleの戦略変更なのか? Siriのサードパーティーデバイスへの解放の可能性は?

毎年1月は、年初からテクノロジー業界の一大イベント「CES」が米国ラスベガスで開催されます。その年の家電やエンターテインメントを中心としたテクノロジーのトレンドを方向付けたり、新製品への期待を高めるとても楽しいイベントです。

Samsung、LGといった企業は最新のテレビを披露しますし、GoogleやAmazonはスマートスピーカーを核とした家電連携を拡げる発表にも注目が集まります。

残念ながら、AppleはCESには参加しません。しかし間接的に存在感を示しているようです。

Washington Postは、Appleがラスベガスに巨大な屋外広告を登場させました。

「What happens on your iPhone, stays on your iPhone.」(あなたのiPhoneで起きていることは、あなたのiPhoneに留まる)というプライバシー広告です。このフレーズはSin Cityのスローガン「What happens in Vegas stays in Vegas」をもじったもの。

Appleは他のソフトウェアや人工知能アシスタントと異なり、デバイス内にプライバシー情報を留め、サーバに送信しない仕組みであることをアピールしています。深読みをすれば、「GoogleやAmazonを使っていて大丈夫なの?」というわけです。

AirPlay 2対応テレビが続々

AppleはCESに出展しないと書きましたが、これに合わせて新たな機能がアナウンスされました。AirPlay 2はHomeKitとともに新たに用意されたiPhoneやiPadと様々なデバイスの連携を取り持つ機能です。

そのAirPlay 2のページの英語版に、「Coming Soon」として、新たにスマートテレビやiPhoneの画面でのコントロール機能、そしてSiriによるテレビのコントロールの機能が追加されました。

----

この続きをみるには

この続き: 1,976文字
記事を購入する

【#アップルノート】 CES 2019で明らかになったAirPlay 2のスマートテレビ対応はAppleの戦略変更なのか? Siriのサードパーティーデバイスへの解放の可能性は?

@taromatsumura

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
3
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura