見出し画像

【 #アップルノート レポート】 シカゴで開催された「Let’s take a field trip」と、新型iPad

3月、あっという間でしたね!

シカゴのAppleイベントのあと、直接ラスベガスでデジタルマーケティングのイベントAdobe Summitを取材し、やっとバークレーに帰ってきました。3月号の #アップルノート にギリギリ間に合う形で、今回のイベントレポート、そしてiPad(第6世代)のレビューをお届けします。

まずは、今回のイベントをシカゴで開催した意義と、現在テクノロジー企業が置かれている米国の社会構造におけるポジションについて考えます。

イベントについてふりかえっておきましょう。

Appleは米国時間3月27日に、イリノイ州シカゴにあるLane Tech Collage High Schoolで、「Let’s take a field trip」イベントを開催しました。

4000人規模で歴史ある4年制の高校の講堂と教室を用いたイベントでは、新型となる第6世代iPadと、コードに続きクリエイティブ教育のカリキュラムEveryone Can Create、教室での課題管理を行うことができるSchoolworkとこれに対応するアプリが開発できるClassKitなどが発表されました。

今回のイベントは、2012年のニューヨーク・グッゲンハイム美術館で行われたイベントに続いて「異例」の開催だった、あるいは新しいパターンのイベントでした。

新製品も発表されながら、ハンズオンはなく、模擬授業の体験が用意され、教室内でどのようにiPadが使われるのかを強調する作り方でした。

この続きをみるには

この続き: 12,821文字 / 画像12枚
記事を購入する

【 #アップルノート レポート】 シカゴで開催された「Let’s take a field trip」と、新型iPad

@taromatsumura

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
1
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。