見出し画像

【#アップルノート】 Appleの2019年第1四半期決算で注目しておきたいこと

日本はゴールデンウィーク中でしたが、米国時間4月30日にAppleは2019年第2四半期決算を発表しました。販売台数をApple自身が発表しなくなったため、わかりやすく騒がれる数字は出なくなってしまいましたが、依然として興味深いAppleのビジネス転換について、詳しく見ていきましょう。

2019年第1四半期決算前には「利益警告」が出され、もともとのガイダンスよりも大きく売上高が減少する事態となりました。Apple自身も2019年に入ってからの利益の減少は予測していたものの、これまで右肩上がりで売上高を拡大させ続けてきたAppleにとっての「転換点」との見方が強まりました。

2019年第2四半期の売上高は580億ドルで前年同期比5%減の水準。ガイダンスでは弱気の見方が継続していたが、幾分緩やかな減少に落ち着いていますが、個別の製品の売上高を見ると、あまり安堵できない状況と言えます。

中国市場へのいろいろな懸念

この続きをみるには

この続き:5,250文字/画像9枚
記事を購入する

【#アップルノート】 Appleの2019年第1四半期決算で注目しておきたいこと

#アップルノート by @taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。