新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【#アップルノート】 Magic Keyboardな3月、焦らず聞いて欲しい今後の展望

「#アップルノート」の皆様、3月はとても大変な1ヶ月でした。新型コロナウイルスの影響で、日常が非日常となり、仕事や予定、行事は雲散し、どうにも締まりの悪い3月になりました。

普段の3月末は、Appleのイベントに参加し、そのままラスベガスへ移動してAdobe Summitでエクスペリエンス・デザインの世界に身を委ねるのが恒例でした。しかしどちらのイベントも開催されませんでした。

その代わり、Appleは3月18日にMacBook Air、iPad Pro、Mac miniの3モデルをリリースし、いずれもストレージ倍増や価格引き下げなど、コストパフォーマンス抜群の売れ筋ラインアップを打ち出してきました。

中でもキーワードとなったのがMacBook Airに搭載されたMagic Keyboard。しかもこれがiPad Pro向けにも用意されると言うことで、「Magic Keyboard祭り」となりました。

私はかねてから、バタフライキーボードも肯定的に受け止めていました。そりゃ、iPad ProのSmart Keyboard FolioからHHKBまでを使っている身ですので、バタフライキーボードはむしろ『なぞるようなタッチ』を会得することで高速で正確なタイピングを実現できるようになりました。

※仕事柄、いろいろなキーボードに慣れることが好きな人の個人的な感想ですので、話半分に。

今もレビュー中のMacBook AirのMagic Keyboardでこの原稿を書いているのですが、バタフライキーボードよりは指先の力が必要になるので疲れることは疲れますが、確かにキーボードとしては楽しい、リズミカルなタイピングを実現できる仕上がりです。

これがiPad Proにやって来るなんて、夢のようじゃありませんか。しかし少し引っかかっている点もあります。今回の3月末の原稿は、その話から始めていきましょう。

MacBook Airのコストパフォーマンスにはやられた…。

この続きをみるには

この続き: 4,693文字
記事を購入する

【#アップルノート】 Magic Keyboardな3月、焦らず聞いて欲しい今後の展望

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
13
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメント (3)
この記事、面白い。松村さんの本音がいつにも増して出ていると感じます。
そして2020-21年のApple製品予測について考えを刺激してくれます。
私もここ1年半iPad Pro 2018 & Smart Keyboard Folioを出先のメインで使用中。
iPad用Magic Keyboardは実は「重い」のではという指摘、ハッとしました。
同時に想起したのはMing-Chi Kuoの予想:
・late-2020 & mid-2021のハイエンドiPadとMacBookにはMini-LEDディスプレイ搭載の可能性がある。
・Mini-LEDディスプレイは、より薄く、より軽い製品デザインを可能にする。
Mini-LEDは高価格・高精細・長寿命、特に「より軽い」製品が可能だとすると今回の話題「重さ」と関係する。
で、iPad Pro with Mini-LED発表に合わせ、軽量版の第2世代Magic Keyboard (MKB) “Lite”が早々にデビュー、「史上最軽量・最薄のiPad Pro w/ MKB Lite」とプレゼンされる。
はい、すいません、妄想です。
でも、5月末(?)発売のMagic Keyboard、ポチってしまうと思います。
iPad Pro 2018はそのままに。
背面カメラ部分に余分な隙間が空いて不格好?
私の妄想では、その隙間を埋めるサードパーティ製磁石付きパッチが出るはず...。
特に角度調節がどこまでできるのかが気になります。
理想は、設置面に対して限りなく平行に寝かせてApple Pencil 2でのノートテイキングができる→そのまま起こしてキーボード入力態勢にすぐに入れる。
これができるとMicrosoft Surfaceより魅力的な操作性。
iPadがPCの代わりになれるかについて、以前ここでコメントしたことも思い出しました。
そこでは、iPadが「母艦になりうるか(or PCという母艦が不要になるか)」という視点と「iOSのBIOS特に日本語入力システムはまだ問題あり」という指摘をしました。
後者については、iPad OS 13.4でついにmac OSでなじみの「ライブ変換」入力が可能になったため、また一歩前進した印象です。
前者については、iTunesの発展的分割→発展的解消の時がやってくるのでしょうか。
その時は、母艦という概念の定義そのものが変わる時になりますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。