見出し画像

【 #アップルノート レビュー】 MacBook Pro 13インチモデル

2018年モデルとなるMacBook Proのレビューについてお届けします。

私はPowerBook時代から15インチのノート型Macを使ってきましたが、2016年に新型のMacBook Proが登場した際、13インチにダウンサイジングしました。より軽快に作業環境を持ち運びたかったこと、アプリを全画面で使うことが増え、画面サイズを小さくしても良いのではないか、と思ったことがきっかけでした。

その一方で、13インチモデルはデュアルコアまでしか用意されておらず、グラフィックスもIntelのものしか選べなかったため、Core i7 + NVIDIAのグラフィックスチップを搭載した2012年モデルの15インチMacBook Proが5年たってもパフォーマンス面で優位に立つ場面が存在してきたのです。

今回の2018年MacBook Pro 13インチは、そうした問題点を解決し、Proにふさわしいマシンに仕上がっている、と評価することができます。13インチモデルは特に、ビジネスユースにもふさわしいマシン、と言えるかもしれません。

早速、変化のない外観から、見ていきましょう。

【目次】

・変化のないデザイン
・Thunderbolt 3ポートも構成も共通
・固い!
・システムアップ活用が前提に
・バッテリー拡大
・電源アダプタも刷新

・性能がきちんとプロ仕様へ
・実測
・バグの問題が解決?
・ストレージの付加価値
・TrueToneディスプレイ

・バタフライキーボード・エフェクト
・静音化の効果
・肝心の打ち心地
・T2チップの仕事術

・Behind the Mac
・輝きを取り戻せるか?
・キーボード修正に見せた速さ
・Mac全体を見渡してみて
・1000ドルの分水嶺
・Macである理由を探して

---

この続きをみるには

この続き:17,648文字/画像9枚
記事を購入する

【 #アップルノート レビュー】 MacBook Pro 13インチモデル

#アップルノート by @taromatsumura

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。