見出し画像

【#アップルノート】 Face IDとTouch IDの共存の線はかすれつつある?

iPhoneのFace IDで顔認証をする際、マスクを検出すると、Apple Watchでの認証を試み、マスクをずらさなくてもiPhoneのロック解除を済ませてくれる、そんな機能が搭載されることになりました。

iOS 14.5、watchOS 7.4の組み合わせで実現するこの機能は、ちょうどMacのロック解除をApple Watchで実現するような仕組みと同じといえます。ロック解除の手順としては、Face IDの通常利用と大きく変わりませんが、Apple Watchでの認証を取りに行く際に、多少のスピードは犠牲となります。

1. iPhoneを持ち上げてFace ID認証を試みる
2. iPhoneがマスク付きの顔を検出した際、Apple Watchを探しに行く
3. Apple Watchがロック解除状態であったら、iPhoneのロックを解除する
4. Apple Watchに通知が残り、予期しないロック解除だった場合、Apple WatchのボタンでiPhoneを再びロックできる

例えば、顔をマスクではなく、手の平で隠した場合、上記のプロセスは働きませんでした。一方、他の人がマスクをしている状態でFace IDの解除を試みようとすると、Apple Watchでの解除を行うため、必ずしも「マスクを付けた自分の顔」に反応しているわけではなさそうです。

3年待った機能

この続きをみるには

この続き: 2,086文字
記事を購入する

【#アップルノート】 Face IDとTouch IDの共存の線はかすれつつある?

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
7
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura