見出し画像

【#アップルノート】 Review: Apple Watch Series 6

アップルは米国時間9月15日にオンラインで開催したイベントで、同社のスマートウォッチ製品、Apple Watchの最新版となるApple Watch Series 6と、Apple Watch SEを発表した。いずれも40mmと44mmの2つのサイズの文字盤と、それぞれにGPS版、単独でモバイル通信が可能なセルラー+GPS版が用意されている。

Apple Watch SEは、日本での価格29800円からの中堅モデルとして登場した。Series 6と同じボディだが、Series 5と同じS5チップを内蔵し、Series 4と同じ常時点灯に対応しないLTPO有機ELディスプレイとするなど、機能を省いたモデルとなっている。新機能や、新しいカラーのアルミニウムケース、ステンレスやチタンといった上質な素材のスマートウォッチではなく、より身近な存在として登場した。

一方の42800円から販売されるApple Watch Series 6には話題が盛りだくさんだ。

アルミニウムケースも、これまでのシルバー、スペースブラック、ゴールドに加え、ブルー、そして(PRODUCT)REDの赤いケースが登場した。更にステンレススチールのゴールドは、金を一切含まないが、まるで18金のような仕上げを実現する新しいカラーに入れ替えられ、魅力を増している。

そんな中から、新色のブルーアルミニウムと新しいバンドの使い勝手、大きく進化した3つのポイントについて、実機を2週間使った結果をレビューしていこう。

新色とソロループという新しいバンド

この続きをみるには

この続き: 3,415文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

#アップルノート

月額1,000円

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒…

または、記事単体で購入する

【#アップルノート】 Review: Apple Watch Series 6

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
5
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメント (4)
今回、Apple Watch(AW) Series 4からSeries 6に替えた。

郭明錤の予測では2021年の新AWはフルモデルチェンジらしい。
だから、あと1年ステイすることも考えた。
が、AW心電図機能の日本厚労省承認の知らせを9月4日に聞き、経皮的血中酸素飽和度(SpO2)測定機能もあるSeries 6に更新することに決めた。

個人的に、例え肥満予備軍でなくとも、心房細動リスクは気になる年齢層に入ったから、簡易測定だとしても家庭用心電図機能はありがたい。
SpO2はCOVID-19との関連が指摘されているから、その簡易測定機能もありがたい。

電子マネー決済対応アプリが増え、文字盤コンプリケーションのアプリ市場も充実してきたこの秋、健康・医療関連機能が揃ったSeries 6が税込6.5万円ほどで買えるのは素晴らしい。
睡眠計測機能は、個人的にはあまり期待していない。
睡眠障害の場合、当事者はたいていすでにその自覚があり、障害を自覚する・してもらうために計測結果を観るわけではない。
睡眠障害では、むしろその原因とソリューションを見出せることが大事で、そのためにAWが役立つかは控えめに言ってもまだ未知数だ。

外装タイプは、今回、ステンレスからアルミに替えた。
来年のフルモデルチェンジを想定するなら、短期買い替えだから。
(個人的にはサファイアガラス装載(のはず)のステンレスモデルの強度が好み。)
前回モデルからせっかく実現されたチタンモデル、金属アレルギーの人のためにも次回モデルでも存続してほしい。
全米死因トップは、もう長らく心疾患の独走状態なので、松村さんの言う通り、米国企業のAppleが心臓の各種健康指標計測に熱心に肩入れするのに十分な理由となる。

日本の25倍の国土を持つ米国には10を越える有名な「Belt (地帯)」があるが、”The Stroke Belt”もその1つ。東南部を中心に高い心疾患率が分布するこの地域・地帯は、「肥満地帯」と重なるとも聞く。
無論、心疾患は多因子であり、肥満だけが決定因子ではないが、一因とは言われる。

COVID-19罹患が2020年全米死因第2位というのは、松村さんのこの記事で初めて知った。
アジア圏と比較して欧米の罹患者が重篤化率が高いのは、肥満も一因だという指摘がある。
Apple社は、AWのSpO2計測機能とFitness+をバンドルするApple Oneによって、(期せずして?)COVID-19対策にコミットすることにもなった。
AW用新バンド、Braided Solo Loop (Atlantic Blue)の試着で、先日Apple銀座店へ。
事前Web予約不可、当日昼前着も最速夕方時刻予約、かつ一人当たり持ち時間15分。

手首回り計測用紙ベルトがサイトにはあった。
しかし、以下の理由で実物試着したかった。

1. この高分子エラストマー編み込みバンドは、どんな伸縮度合いなのか。

2. SpO2計測には「少しきつめのサイズ」を選択することをApple Store店員が薦めているらしい。
だが、私個人は時計を少し緩めに着けるのが習慣で、ぴったりサイズは好みには合わない。

結果、複数サイズを試着して、納得してサイズ選択できた。
弾性は、予想よりきつめだった。
この弾性だと、高齢者や腕力があまりない人は装着に苦労するのではないかとすら思った。
シリコーン樹脂(ケイ素樹脂)をバンド素材として選択したAppleは賢いと思うが、弾性については、再考の余地があると思った。

どうでもよいことだが、サイズ決定後9月下旬発注した私の青バンドの納期は11月下旬。
すごい人気。
気長に待ちます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。