見出し画像

【#アップルノート #テスライフ】 Tesla Model 3をポチることにした話

「乗ったら最後、その日の晩にポチる」の法則が、多聞に盛れず私にも発動しました…。

かねてからAppleが電気自動車に参入するという話がずっとくすぶっている中で、シリコンバレーで先行している電気自動車企業はどんな自動車を作っているのか? 俄然興味が湧いてきますよね。

2011年からの8年間、カリフォルニア州バークレーで暮らしていた私にとって、Teslaが車を作ってそれがジワジワと普及していく様子、社会が受容していく様子を目の当たりにしていました。もちろん、Model S、Model Xを試乗し、フリーモントという街にあるTeslaの自動車工場も見学しました。

そうした経験の中で、どのような考えから、今回Teslaをポチったのか。その判断の中で大きかったのは、数年間続けて取材をしている、Appleの環境を担当するバイスプレジデント、リサ・ジャクソンさんとの会話と戦略、施策、そしてApple社内の変質がありました。(こうなってくると、#アップルノートっぽいエピソードになっていくのではないか、と思います。

ここから先は

8,655字 / 6画像
この記事のみ ¥ 900
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?