見出し画像

【#アップルノート】 タイトルなしの #AppleEvent って、ちょっと味気ない気がしませんか?

アップルは米国太平洋夏時間の9月15日午前10時、日本時間9月16日午前2時から、イベントを開催することを告知しました。

例年この時期にはiPhone、Apple Watchなどを発表する「Special Event」が、米国カリフォルニア州クパティーノにある本社Apple Parkで開催されてきたが、新型コロナウイルスの影響で、オンラインでの開催として案内されています。

誰でも、当時のストリーミングをウェブサイトなどから視聴できます。なお、Twitter @taromatsumura では、テキスト中継を行います。また、直前まで悩みたいと思いますが、ライブコメンタリーをYouTube Liveで行うかもしれません(まだ決めてません)

2020年6月にオンライン開催された世界開発者会議は、2時間あまりの基調講演をビデオ配信で行いました。それまでイメージしていた基調講演の配信、すなわち、カメラの前にCEOが登場してプレゼンテーションを流す形式を徹底的に覆す、驚きに満ちた映像体験でした。その映像は以下で公開されています。

ストリーミング映像サービスApple TV+で映像制作チームを組織したアップルが、本社Apple Parkの施設をフル活用し、コロナ禍の「本気のオンラインイベント」を見せつけた格好でした。

今回のイベントは、その上がりきった期待値に応え、あるいは上回るような体験になるのかどうか、注目です。

画像1

Apple Parkでのイベントをふりかえり

新型コロナウイルスの感染が治まらないカリフォルニアに、世界中から人を集めることはあり得ない、Steve Jobs Theaterをクラスターにしない、いろいろな動機付けはあると思います。世界中から1箇所に人を集めるタイプのイベントは、もしかしたらもうやらないのかもしれません。

そういう意味で、2017年、2018年、2019年のApple Parkでのイベントは、たった3シーズンだけでしたが、とても貴重なモノだったかもしれません。ということで、3シーズンのSeptember Eventから、写真をピックアップしてお届けします。

ここから先は

4,123字 / 19画像
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?