【#アップルノート コラム】 アイコンと、絵文字と、日本のクリエイティブの作法
見出し画像

【#アップルノート コラム】 アイコンと、絵文字と、日本のクリエイティブの作法

Appleはマウスとキーボードで操作するMacintoshを1984年に登場させました。ここで重要となるデザイナーは、ご存じSusan Kare氏。

もともとはアートの教師になるつもりだった彼女は、美術館で働いていた頃、当時のMacintosh OSリードアーキテクトで高校時代の友人だったAndy Hertzfeld氏から連絡を受け、Appleで「Macintosh Artist」の肩書きを得てグラフィカルユーザーインターフェイス、アイコン、フォントなどの設計に携わりました。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,659文字 / 画像1枚
記事を購入する

【#アップルノート コラム】 アイコンと、絵文字と、日本のクリエイティブの作法

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura