見出し画像

【 #アップルノート コラム】 Appleも模索を続ける「こどもとテクノロジー」の最適解

AppleはWWDC 2018のiOS 12のプレゼンテーションで、「スクリーンタイム」という新しいデジタルデトックスの機能を用意し、これがこども向けにも活用されるというソリューションを見せました。

Appleは2018年1月に、株主から「子どものスマホ中毒に対処せよ」との要求が出され、年初の公開所感であったことから、2018年のシリコンバレー共通のテーマとして認識されました。Appleは今年、この問題に対処せざるを得ない状況に追い込まれていたのです。

豪雨・猛暑・台風と激しい気象が続き心配される夏休み、テクノロジー処の話ではなくなってきましたが、今一度、子どもとテクノロジーの関係について考える機会です。変わるべきは本当に、子どもの振る舞いだけなのでしょうか。他に必要な要素とは何か、考えていきましょう。

---

この続きをみるには

この続き:8,559文字/画像1枚
記事を購入する

【 #アップルノート コラム】 Appleも模索を続ける「こどもとテクノロジー」の最適解

#アップルノート by @taromatsumura

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。