見出し画像

【#アップルノート】 Apple Siliconと、チップを取り巻く状況

Appleは2020年6月にMacを自社設計のApple Silicon搭載、2年計画で移行することをアナウンスした。そして2020年11月にM1搭載のMacを3モデル発売しました。

エントリーモデルに当てられたM1チップは、Geekbench 5のプロセッサのマルチコアスコアだけで比べれば、Mac Proのベースモデルに匹敵してしまっています。おそらく毎年アップデートすると言うよりは、1年半から2年に一度のペースでアップグレードを行っていき、出た当初は常にオーバースペック、と言うパターンで進化していくのではないか、と思います。

Appleのチップ開発は、業界に対して基本的に2年のアドバンテージを念頭に置いていると思います。それはiPhone向けAシリーズだけでなく、AirPodsシリーズに採用されたW1やH1チップも同様でした。そうしたアドバンテージを維持しながら製品に採用していくペースを維持できるのかどうかは、チップとPC、スマートフォンなどの市場との関係次第だと思います。

そんな視点で、チップ業界の動きを定点観測していきましょう。

---

この続きをみるには

この続き: 1,691文字
記事を購入する

【#アップルノート】 Apple Siliconと、チップを取り巻く状況

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura