見出し画像

【#アップルノート】 ケータイとスマートフォンでふりかえる平成モバイル史

写真は2008年に日本でもiPhoneが発売され、ケータイ世代だった同世代がこぞってiPhoneに乗り換えていたときに撮影したものです。それまで多種多様な「形態進化」、つまりハードウェアによる進化を謳歌してきた携帯電話からスマートフォンへ、とりわけAppleのiPhoneへと移行してみると、ケース以外でポケットの中の端末の違いはなくなってしまいました。

しかしながら、アプリが充実してくると、同じスマートフォンでも人によって入れるアプリが異なり、その使い方やつきあい方も十人十色。まるで人間という生物的な種は1つなのに、個人個人で全く違う人であるとお互い識別できるような、そんな「ソフトウェア」の進化へと移行したような印象すら受けます。

日本を離れていても、この年末年始が平成最後になるということは意識せざるを得ません。昭和生まれですが、小学校3年生の時に元号が代わり、人生の3/4は平成を過ごしてきた私にとっても、一つの時代の終わりという胸騒ぎを感じるほどです。いろいろなまとめ方があると思いますし、私も何通りか書いてみたいと思っているところですが、とりあえず平成モバイル氏の1つの側面について、ケータイとスマートフォンというテーマで考えてみたいと思います。

----

この続きをみるには

この続き: 9,809文字
記事を購入する

【#アップルノート】 ケータイとスマートフォンでふりかえる平成モバイル史

@taromatsumura

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
4
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。