見出し画像

【#アップルノート】 A14ベースのMacが2021年に登場する理由と、実現の姿とは?

iPad ProにMagic Keyboardが搭載されました。#iPadOnly な仕事環境を追求してきた筆者にとって、ある意味でiPad Proにおける仕事環境構築の一つの集大成とも言えるこのアクセサリの登場には感慨深いものがあります。

これまでキーボードとタッチスクリーンで仕事をしてきたため、残念ながらトラックパッドにはなかなか指が伸びませんが、iPad Proと最良のキーボードがドッキングしたことは、持ち運べるパッケージとして完成形だと思ったのです。

ただし、欲はいくらでもあります。キーボードはMagic Keyboardよりも幾分安いPFUのHHKBのほうが上質感があります。言って見ればMagic Keyboardは標準キーボードですから、それすらなかったiPadはコンピュータとしてよくやってきた方なのかもしれません。そして12.9インチモデルでの組み合わせで1.35kgになってしまう重量とデスク以外での自立性の低さから、Smart Keyboard Folioとの併用になると踏んでいます。

たしかにMacBook Airよりも重たくなるiPad ProとMagic Keyboardですが、その実力はオールマイティです。

Adobe Lightroomでの写真編集、Adobe Premiere RushやLumaFusionでの快適なビデオ編集から、Apple Pencilでの手描き描画やサイン、そして快適で愛用し続けているMarkdownエディタ&文書管理ツールのUlyssesを全てこなすハイパフォーマンスデバイスは、個人的にはMacよりも自分に合っていると思います。

そうした中で、iPadと同じAシリーズのチップを搭載するMacが、2021年にも登場するというニュースが飛び込んできました。常に頭の片隅で「ありえる」「というか、なんでやらないの?」と思ってきたことだったので、特段驚きがあるわけではありませんが、すこしこのニュースについて考えていきましょう。

----

ここから先は

4,535字
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?