見出し画像

【#アップルノート】特許申請済み、Apple Store の紙製になったストアバッグの秘密とその背景

Appleの直営小売店であるApple Storeは、2016年から「Apple Store」という表記をやめています。例えば銀座であれば、「Apple 銀座」といった具合に、「Store」を取り除き、「Apple + 地名・店名」となりました。

そのため、本来であればタイトルは、「Apple Storeの〜」ではなく「Appleの」とすべきですが、見出しの便宜上、Storeを入れた表記にしています。だって、「Appleの」と始めてしまうと、特定する範囲があまりに狭すぎますので。

ちなみに、私が住んでいるカリフォルニア州バークレーにも、Apple直営店があります。バークレーにしては洗練されたおしゃれなショッピング街4th Streetに位置していることから「Apple 4th Street」という店名になっています。バークレーかどうか分からないのですが、この店名は世界に1つだけしかないので、まあこれでよいのでしょう。

Appleの直営店から「Store」の文字が取れたことについては、不便もあります。前述の通り、Appleと言っても何を指すのか分かりにくい上、文章でお店のことを書く場合は、わざわざ「直営店」という文字を入れなければならなくなりました。

しかし、なぜ取り去ったのか。

例えば、ファッションブランドの店舗名を見ると、「HERMÈS Store」「Coach Store」とはなっていないと思います。

Appleのブランド戦略の中で、これまでもそうでしたが、直営店は顧客との直接的な接点であり、購買を含む体験を提供する場でした。店という言葉の排除には、そうした思想をより強く反映した結果ではないでしょうか。

今回は、そんなAppleのストアバッグ、袋の話です。

【追記】Apple直営店の呼称について

コメントでご質問頂いていました、Apple直営店の呼称について、確認を取りました。

まず、現在、グローバルで直営店については「Apple Store」という名称から「Apple ○○」という呼称へと移行しています。そのため、直営店の正式名称としての「Apple Store」は使われなくなっていく流れです。

ただ、現在は移行期ということで、完全に変更が終わっていない点があるほか、わかりやすさを優先すべく、「Apple 銀座」ではなく「Apple Store 銀座」と案内することも行われている、とのことでした。


----

<続きの約2041文字と写真6点は、有料記事・定期購読で>

ここから先はマガジン「#アップルノート」の定期購読にご登録頂いている方がお読み頂けます。

「#アップルノート」では、松村太郎によるAppleやシリコンバレー取材を通じた「記事化前の情報や資料、ノート、写真、雑感」を毎週お届けしています。iPhone以降のモバイルライフとその次のテクノロジーの可能性について、我々の生活がいかに変わるかという未来を紐解いていきましょう。

マガジンのトップはこちらから
http://go.tarosite.net/applenotemag

ご質問・ご感想は Twitter @taromatsumura 宛に、「#アップルノート」ハッシュタグをつけてお寄せ下さい。

この続きをみるには

この続き: 2,183文字 / 画像6枚
記事を購入する

【#アップルノート】特許申請済み、Apple Store の紙製になったストアバッグの秘密とその背景

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
8
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメント (1)
> そのため、本来であればタイトルは、「Apple Storeの〜」ではなく「Appleの」とすべきですが、見出しの便宜上、Storeを入れた表記にしています。だって、「Appleの」と始めてしまうと、特定する範囲があまりに狭すぎますので。

http://www.apple.com/jp/retail/storelist/ にも「Apple Store 日本」と書かれていますし、「Apple Store」表記で問題無いはずです。 http://www.apple.com/jp/retail/shibuya/ のように各ストア名から「Store」表記が消えた、という認識です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。