【#アップルノート】 2021年に登場するソフトウェア、パブリックベータ版を先取り解説
見出し画像

【#アップルノート】 2021年に登場するソフトウェア、パブリックベータ版を先取り解説

アップルは2021年6月7日(米国時間)に開催したWWDCで披露した次期OSのパブリックベータ版を配信し、一般のユーザーも試せるようになりました。今回取材に基づいて特別な許可を受け、その使い勝手をレポートしていきます。

なお、ベータ版につき、製品版では変更される可能性もあります。

例えば、macOS Montereyのベータ版では、Safariのデザインが未だに大きな変更を伴う調整が続いており、開発者や一般ユーザーからのフィードバックを細かく取り入れている様子が分かります。現時点でのベータ版である点は、ご留意頂ければと思います。

----

最新の機能を試せる

アップルは毎年秋に最新のOSへと無償アップデートを行っています。これに先駆け最新OS向けアプリを開発できるようにするため、開発者にはWWDC発表時に、開発者向けベータ版のソフトウェアを提供してきました。近年、より広範なユーザーが試せるようにするための、開発者版から1ヶ月遅れてパブリックベータを公開しました。

この続きをみるには

この続き: 4,956文字 / 画像13枚
記事を購入する

【#アップルノート】 2021年に登場するソフトウェア、パブリックベータ版を先取り解説

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura