見出し画像

【#アップルノート レビュー】BeatsXで、今すぐにでも作り直して実装して欲しい1つ機能

AppleはBeatsブランドのワイヤレスヘッドフォン、BeatsXを2017年2月10日から発売しました。

Apple - BeatsX

BeatsXは、Flex-Formケーブルと呼ばれるネックストラップ型のカナル型ヘッドフォン。AirPodsやEarPodsとはことなり、4サイズから選べるイヤーチップで、外れにくく遮音性の高い環境を作り出すことができます。

Beatsブランドは若干過剰な重低音をブランドのアイデンティティにしています。BeatsXはAirPodsに比べれば低音が聞いているイメージが強いのですが、やりすぎということもない、「豊かなサウンド」という雰囲気に留まっている点で、より多くの人が気に入るサウンドになるかもしれません。

バッテリー動作時間は8時間で、5分の充電で2時間の再生時間を回復するFast Fuelも、ワイヤレスオーディオの煩わしさの低減を図ってくれます。色はブラックとホワイトに加えて、2〜3週間後にグレー、ブルーも登場します。

私が住んでいる米国カリフォルニア州バークレーにあるApple 4th Streetでは、ホワイト、ブラックのBeatsXが店頭だけでそれぞれ7つずつの在庫が棚にありました。この原稿を書いている2月16日現在では、おそらく店頭在庫はもうなくなってしまっており、オンラインからの注文の場合、配送で中1日、店頭受け取りは2月20日。比較的待たずに手に入れられそうです。

ちなみにAirPodsは状況がちっとも改善されておらず、2月16日現在で、配送は6週間、最短の店頭受け取り日は4月5日となっています。まだまだ手に入りにくい状況が続いていると言えます。

さて、今回東京出張へ向かうフライトの中で長時間楽しんでみましたので、その様子からお届けします。

----

<続きの約3341文字は、有料記事・定期購読で>

・BeatsXは買いかどうか?
・BeatsXを9時間のフライトで使ってみて分かった、AirPodsに勝る魅力
・バッテリーライフを、どうとらえるか
・絶対に実装して欲しい1つの機能とは
・伸びしろが大きな期待のシリーズに

ここから先はマガジン「#アップルノート」の定期購読にご登録頂いている方、記事をご購入頂いた方がお読み頂けます。

「#アップルノート」では、松村太郎によるAppleやシリコンバレー取材を通じた「記事化前の情報や資料、ノート、写真、雑感」を毎週お届けしています。iPhone以降のモバイルライフとその次のテクノロジーの可能性について、我々の生活がいかに変わるかという未来を紐解いていきましょう。

マガジンのトップはこちらから
http://go.tarosite.net/applenotemag

ご質問・ご感想は Twitter @taromatsumura 宛に、「#アップルノート」ハッシュタグをつけてお寄せ下さい。

この続きをみるには

この続き:3,675文字/画像6枚
記事を購入する

【#アップルノート レビュー】BeatsXで、今すぐにでも作り直して実装して欲しい1つ機能

#アップルノート by @taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。