見出し画像

【#アップルノート】 iMacとMacBook Pro 13インチ…アップデートから取り残されたMac

2019年11月のMacBook Pro 16インチモデル登場。パフォーマンス、キーボードなど、Proを名乗るだけの仕様をより追求して登場しました。

デスクトップでiMac Proを使っていたユーザーが携行性を取り戻すために乗り換える、というパターンも出てきて、世代の新しいコンピュータのパフォーマンス向上に驚かされます。

そして2020年3月にMacBook Airが登場。

2018年にフルモデルチェンジをし、モダンなMacBookの要素、すなわちRetinaディスプレイ、Thunderbolt 3ポート、バタフライキーボードをようやく実装しました。

2020年モデルでキーボードがMagic Keyboardへと変わり、プロセッサも第10世代Intel Coreプロセッサへと載せ替えられ、デュアルコアCore i3、クアッドコアCore i5/i7が選択可能になりました。同時にMac miniも刷新されました。

こうなってくると、取り残された製品の存在が気になります。つまり、iMac、iMac Pro、そしてMacBook Pro 13インチです。

特に不自然なのは、MacBook Pro 16インチの次に、MacBook Airが刷新されうふう言い、Magic Keyboardが搭載されたことです。つまり、MacBook Pro 13インチだけが、バタフライキーボード搭載として残され、上位モデルが下位モデルよりも古い状態に陥っているのです。

16インチとMacBook Airならターゲットは異なるかもしれませんが、同じ13インチ同士の場合、どちらを選ぶか悩むところ。しかも2020年モデルのAirはクアッドコアCore i7、16GBメモリ、2TBストレージまで選択可能で、内蔵グラフィックスも新しい世代で性能向上しています。

つまり一時的に、MacBook Pro 13インチモデルを選びにくい状況に陥ってしまっているのです。

iMacの場合は、4K、5Kといった高品質の大画面ディスプレイが価値といえます。MacBook Airより13インチMacBook Proの方がディスプレイの品質は上ながら、インパクトに欠けます。

はてさて、というのが今日の話題。

----

ここから先は

2,817字
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?