見出し画像

【#アップルノート】 M1搭載Mac登場で分かった、成功しているiPhoneのマーケティングをMacに持ち込む方法、そして絶対売れる理由

Appleは米国時間11月10日、2020年に入ってから4度目となるオンラインイベントを開催し、これまで「Apple Silicon」と言われていた独自開発のプロセッサー「M1」を搭載する主力のコンピュータ「Mac」を発表した。いずれのモデルも、日本時間11月11日からオンラインで販売され、来週には手元に届く。

2020年6月の開発者会議「WWDC20」で、今後2年かけて、これまで採用してきたIntelチップから自社設計のチップへ移行する計画と、2020年中に最初の製品を発売することを明らかにしており、今回のイベントでその公約を守ったことになる。しかし、一挙に3モデル登場させたことは驚きがあった。

今回登場したのは薄型軽量のノートブックである13インチMacBook Air、プロ向け13インチMacBook Pro、そして小型デスクトップのMac mini。当初モバイル中心に登場するとみられていたApple Silicon搭載Macに、小型ながら高性能なデスクトップが用意された点で、プロフェッショナルが多いMacユーザーへの訴求も欠かさなかった。

---

「ビデオ会議でファンが回らない」

スクリーンショット 2020-11-11 3.41.37

ここから先は

3,375字 / 7画像
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?