見出し画像

【#アップルノート】 M1搭載Mac登場で分かった、成功しているiPhoneのマーケティングをMacに持ち込む方法、そして絶対売れる理由

Appleは米国時間11月10日、2020年に入ってから4度目となるオンラインイベントを開催し、これまで「Apple Silicon」と言われていた独自開発のプロセッサー「M1」を搭載する主力のコンピュータ「Mac」を発表した。いずれのモデルも、日本時間11月11日からオンラインで販売され、来週には手元に届く。

2020年6月の開発者会議「WWDC20」で、今後2年かけて、これまで採用してきたIntelチップから自社設計のチップへ移行する計画と、2020年中に最初の製品を発売することを明らかにしており、今回のイベントでその公約を守ったことになる。しかし、一挙に3モデル登場させたことは驚きがあった。

今回登場したのは薄型軽量のノートブックである13インチMacBook Air、プロ向け13インチMacBook Pro、そして小型デスクトップのMac mini。当初モバイル中心に登場するとみられていたApple Silicon搭載Macに、小型ながら高性能なデスクトップが用意された点で、プロフェッショナルが多いMacユーザーへの訴求も欠かさなかった。

---

「ビデオ会議でファンが回らない」

スクリーンショット 2020-11-11 3.41.37

この続きをみるには

この続き: 3,445文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

#アップルノート

月額1,000円

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒…

または、記事単体で購入する

【#アップルノート】 M1搭載Mac登場で分かった、成功しているiPhoneのマーケティングをMacに持ち込む方法、そして絶対売れる理由

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
17
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメント (1)
“M1搭載のMacでは、Mac向けアプリに加えて、iPhone、iPad向けのアプリもそのまま起動し、動作させることができるようになる。”
松村さんはどんなアプリをiOS端末とリンクさせたいですか?
リマインダー、カレンダーなど、スケジュールやタスク管理がパッと思い当たりますが。どんなアプリを開発している方にチャンスが広がっていくのでしょうか?
スマホゲームをデスクトップで?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。