見出し画像

【#アップルノート】 Ethical Tech: クローズドサイクルをデザインするAppleのGiveBack体験と、ほぼ確定しつつある「スマホの次はない」というアイディア

Appleの9月12日のiPhoneイベントに登壇したLisa Jackson氏。オバマ政権では環境保護庁の長官を務め、2013年からAppleで環境・政策・社会イニシアティブ担当副社長に就任しました。

「Dream Job」と語るAppleでの環境保全や気候変動を防ぐ仕事は「最もクリエイティブ」とも語っており、デザイン、テクノロジー、サプライチェーンから、マーケティングに至るまで、あらゆるセクションからアイディアを集め、いかに少ない資源と環境負荷で製品を作り、少ない電力で動作させ、長持ちさせるかを考え抜き、製品に取り入れていくといいます。

そんなJackson氏には、何度もインタビューしながら、「Ethical Tech」の最前線をいかに作り上げているのかを継続して取材してきました。

そのLisa Jackson氏がiPhoneイベントに登壇したことは、iPhoneのパートにおいてAppleのブランドを最大限に特徴付けるシーンだったとふりかえることができます。

Appleが目指しているのは「クローズドサイクル」。毎年2億台製品を作るということは、地球にそれ以上のサイズの穴を堀り続けているということ。過去の製品を資源に新しい製品を作り出せれば、地球への負荷なく持続性を維持できる可能性が開かれます。

そこに舵を取っているAppleは、現状、ある決定を下しているように感じます。すなわちiPhoneの次はないというアイディアを持っているのではないでしょうか。

Apple Storeでは製品を回収する「Apple GiveBack」を展開しています。これを体験しつつ、Appleのアイディアについて、考えていきましょう。

Apple GiveBackで、あのデバイスはいくらで引き取られる?

この続きをみるには

この続き:7,486文字/画像2枚
記事を購入する

【#アップルノート】 Ethical Tech: クローズドサイクルをデザインするAppleのGiveBack体験と、ほぼ確定しつつある「スマホの次はない」というアイディア

#アップルノート by @taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。