見出し画像

【 #アップルノート 11月号 】 ニューヨークのiPad/Macイベントで起きた、Appleにおけるコンピュータの定義の変動とは?

10月30日、ちょうど先月末にニューヨークに出張し、Appleがブルックリンで開催したスペシャルイベントを取材しました。ここではiPad ProとMacBook Air、Mac miniが刷新され、サイレントアップデートでグラフィックスを強化したMacBook Pro 15インチが選択可能になりました。

今回のイベントは6年ぶりの開催とあって、ニューヨークで待ち構えていたAppleニューヨークのスタッフの熱気に圧倒されました。またオペラハウスも美しい場所で、かつて銀行だったスペースに1フロアを設置してハンズオンエリアを作るなど、驚きの連続でもありました。

そのイベントの中身も、驚きにあふれていました。そして、今回、少なからずいるであろう、アップデートされた製品を検討している人にとって、非常に難しい選択を突きつけていると解釈しています。

例えば私の場合、2016年のMacBook Pro 13インチと2017年のiPad Pro
10.5インチで仕事をしています。順当に考えれば、既に2年経過しているMacBook Pro 13インチのリプレイスが先ということになり、またiPad Proをアップデートするなら11インチにする、というのが「妥当だし自然な流れ」ということになります。

しかし、今回のイベントと登場した製品をみて、そう言い切れなくなってしまったのです。それはなぜか?解説してまいりましょう。

----

この続きをみるには

この続き:9,006文字/画像13枚
記事を購入する

【 #アップルノート 11月号 】 ニューヨークのiPad/Macイベントで起きた、Appleにおけるコンピュータの定義の変動とは?

#アップルノート by @taromatsumura

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...

コメント3件

「私の場合、悩んだ末の結論は、iPad Pro 12.9インチをモバイルマシンとし、自宅にはMac Proと21.5インチのLG UltraFine 4Kディスプレイを置く組み合わせがベスト、という結論になりつつあります。」
なるほど。
かつてここでコメントしたように、"MacBook (Air/Pro) or iPad (Pro)"選択問題は、「日本語入出力I/Oメソッド」品質問題、「iTunes主導母艦機能」有無問題、の2点が無視できないと思います。

母艦機能はMac Pro/miniで代替可能ですが、PC版ATOK文節区切り漢字変換効率と大いに差がある、今までのiOS日本語入出力環境は、大量文字入力をする人には依然大きな障害です。音声認識入力の今後に期待すべきなのかもしれませんが、同音異綴語が多い日本語に高精度対応するには時間がかかりそうです。

本格的に多言語を扱うなら、TexかTRONを使うしかないと覚悟も決まります。しかし、多くの日本人は日英語の入出力がほとんどでしょう。

誤変換は他人が指摘してくれるから、気にせずガシガシ打てばいい、と割り切るべきなのか。
wokonoshiremono さん、1つ目のコメントの引用部分ですが、ガッツリ誤植でした。
Mac Proではなく、Mac miniの間違いです、すみません。

2つ目については、日本語入力については悩みのタネです。私も定額制のATOK以前からのユーザーですので、iPhoneではATOKを使っていますが、外部キーボードを使うiPadでは動作しませんね。ここはおそらく解決しない問題なんじゃないか、と思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。