見出し画像

【#アップルノート】 噂ではなく、理詰めで考える2018年秋のMacとiPadのアップデート

Appleに関する噂は尽きません。なにも、メディア側が「ビューが取れる」という安直な理由に流れているだけではありません。現在Appleは様々な意味での「リファレンス」になっているからです。

スマートフォンは販売台数世界トップではありませんが、スマートウォッチ、タブレットはまだトップの座にいます。そしてスマホも含めて、Appleが何を盛りこむのか、どんなチャレンジをしているのかが注目され、それがトレンドとなっていきます。

スタイルのコピーは数知れず行われていますが、Appleの資本力と中期的な視点での研究開発に裏付けられた機能まではコピーできず、フォロワーが増えれば増えるほど、Appleの優位性が高まっている、そんな状態を作り出すまでに至りました。

それでも、PC市場におけるMacの存在は力強さが感じられず、そもそもタブレット市場も全体を見ればシュリンクしています。そうした中で、Appleが2018年、あるいは今後どのような取り組みをしていくことになるのか。

噂は色々出回っていますが、そうした話は一度置いておいて、Appleが何をするのか、既存の製品やiPhoneを見ながらでも、割と解像度高く見通すことができるはずです。

Appleはほぼ毎年、製品ラインアップを刷新すると考えると、2018年はこれまでに

- 廉価版となるiPad
- MacBook Pro 13インチTouch Barモデル
- MacBook Pro 15インチ
- iPhone XS、iPhone XR
- Apple Watch Series 4

をリリースしてきました。主力製品でアップデートされていないのは

- MacBook Pro 13インチTouch Barなしモデル
- MacBook
- MacBook Air
- iMac
- iMac Pro
- iPad Pro
- Mac Pro

となっています。

特に廉価版のMacBookとiPad Proについては、MicrosoftのSurfaceシリーズ刷新、GoogleによるPixel Slateの発売など、競合製品が次々にリリースされており、新製品なしでホリデーシーズンに突入することは「ありえない」でしょう。

ホリデーシーズンは11月下旬から。割と、もう時間がないんです。そのため、10月中、もしくは11月第1週までには発表・発売をしておくスケジュールが妥当だと考えています。

----

基本的な考え方

この続きをみるには

この続き:2,795文字
記事を購入する

【#アップルノート】 噂ではなく、理詰めで考える2018年秋のMacとiPadのアップデート

#アップルノート by @taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。