見出し画像

【 #アップルノート 11月号 】 Appleの2018年第4四半期決算と、テック株総崩れ、時価総額トップ陥落の11月、今後の展望について

11月をふりかえってみると、Appleをはじめとするテクノロジー株が2018年の上昇分を帳消しにする下落となりました。230ドルを超えていたAppleの株価は、170ドル近辺まで落ち込み、米国企業でトップの時価総額を、一時Microsoftに明け渡す場面もみられました。

そのきっかけとなったのが、11月1日のApple 2018年第4四半期決算ということになります。

ちなみに株価が下がって困るのは直近ではApple株を持っている人だけで、私を含むユーザーが今すぐなんらかの影響を被ることはありません。もっとも、その「Apple株を持っている人」にはApple社員も含まれるため、彼らがどう動くのかということは、その後の製品や開発に関係してくるかもしれませんが。

いつものグラフで、Appleの決算と電話会議をふりかえりつつ、何がそんな反応を作り出しているのかを見ていきましょう。

----

日本でiPhone XSが好調だった

この続きをみるには

この続き:4,000文字/画像7枚
記事を購入する

【 #アップルノート 11月号 】 Appleの2018年第4四半期決算と、テック株総崩れ、時価総額トップ陥落の11月、今後の展望について

#アップルノート by @taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...

コメント4件

Yukari Iwatani Kaneが、その著書Haunted Empire: Apple After Steve Jobs.でApple社の「終わりの始まり」をやんわりと記述、出版したのは2014年3月。あれから4年半。Tim Cookは、株主・投資家の期待には応え続けたと思います。ユーザーの期待に充分に応えることは、Steve Jobsほどはできなかったかもしれませんが。
ひょっとして「iPhoneの」終わりの始まりは、始まっているかもしれません。
しかし「Appleの」終わりの始まりと言うには早すぎる。
豊かな経営資源に支えられて、今後R&Dがビジネスとしてどのように結実していくのか。
まだ多くの「潜在魅力」を備えている企業だと思います。
Yukariさんとは以前この話を少ししたことがあるのですが、当時、そして今も、私はAppleを含むだれもが「iPhoneの次」「スマホの次」をイメージできていないという見方をしていました。あるいはAppleはここ10年で、iPhoneの次に現れる存在はなく、取り組まない選択をしているのかも、とすら思います。

「iPhoneの終わりの始まり」ではなく、「スマホの終わりの始まり」という方が正確だと思っていて、このパラダイムに飲み込まれるのはAppleだけでなく他の企業も同様で、スマホメーカーからすれば、Apple以上のハードランディングを強いられることになるはずです。その点で、早々に撤退していた日本企業の判断は正しい、と思うのです。
松村さん、多忙中のレスポンスありがとうござます。

“information technology”の進歩は、communication theory (通信理論)とtechnology ((科学)技術)それぞれの進歩に特に原理上依存します。スマホ・ビジネスに「勝ち組なしの踊り場感」が今後見込まれる場合、企業としては、(1)通信理論 and/or 科学技術にある原理的ネックを自ら部分解消して実装先行者利益を狙うか、(2)スマホ販売「一本足打法」を業界内シフトして収益源を複線化するか、(3)業態変更/多角化し、別業界のブルーオーシャンで稼ぐか、することになろうかと思います。

Apple社は1かつ2かつ3ですかね。
おカネたくさんあるし。
ARのビジネス化を急ぐ。
スマホまわりの「サービス」で稼ぐ。
自動運転車ビジネスの「ブルーオーシャン部分」を見つける。
「スマホの終わりの始まり」後の代替有望候補は、例えば「ウェアラブル」でしょうけれど、「電池」というネックが部分解消されないとスマホが担う必須機能を代替できない。Google Glassのネックは電池。Apple Watchのネックも電池。コンタクトレンズ内にいろいろ実装できても、ネックは電池。
トヨタ自動車が電池に躍起になるのは当然。
だれが電池革命後の実装化で先行するか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。