【 #アップルノート 11月号 】 Appleの2018年第4四半期決算と、テック株総崩れ、時価総額トップ陥落の11月、今後の展望について
見出し画像

【 #アップルノート 11月号 】 Appleの2018年第4四半期決算と、テック株総崩れ、時価総額トップ陥落の11月、今後の展望について

11月をふりかえってみると、Appleをはじめとするテクノロジー株が2018年の上昇分を帳消しにする下落となりました。230ドルを超えていたAppleの株価は、170ドル近辺まで落ち込み、米国企業でトップの時価総額を、一時Microsoftに明け渡す場面もみられました。

そのきっかけとなったのが、11月1日のApple 2018年第4四半期決算ということになります。

ちなみに株価が下がって困るのは直近ではApple株を持っている人だけで、私を含むユーザーが今すぐなんらかの影響を被ることはありません。もっとも、その「Apple株を持っている人」にはApple社員も含まれるため、彼らがどう動くのかということは、その後の製品や開発に関係してくるかもしれませんが。

いつものグラフで、Appleの決算と電話会議をふりかえりつつ、何がそんな反応を作り出しているのかを見ていきましょう。

----

日本でiPhone XSが好調だった

この続きをみるには

この続き: 4,000文字 / 画像7枚
記事を購入する

【 #アップルノート 11月号 】 Appleの2018年第4四半期決算と、テック株総崩れ、時価総額トップ陥落の11月、今後の展望について

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura