見出し画像

【#アップルノート】10月26日発売のiPhone XRに迫る

iPhone XSについては、既に発売され、実機のレビューもいくつも読む事ができます。しかし未発売のiPhone XRについては、まだタッチアンドトライレベルでしか触れる事ができませんでした。

しかし、iPhone XSと多くを共有しているため、「どのような製品になるのか」という点がもう少し明らかになってきています。そこでiPhone XRについて、10月26日の発売を前に、期待される機能や価値について考えていきましょう。

どんなiPhone?

iPhone XR(テン・アール)は、2018年モデルのiPhoneとして9月12日のスペシャルイベントで発表されました。最大の特徴は、カラフルな6色展開と749ドルからという価格です。

まずは、その6色を見ていきましょう。

iPhone X、iPhone XSにも用意されている最もベーシックな色はシルバーとスペースグレーでした。iPhone XRではそれぞれ、ホワイトとブラックという色の名前で登場します。

個人的な感想として、ステンレスのiPhone X、iPhone XSを見てしまった後ということもあり、ホワイトの背面とアルミのフレームは、若干質感に劣るように見えてしまいます。それ以外のカラーではそうした印象がなかったのですが…。

ブルー。欧州の自動車会社はラインアップの中のスポーツモデル(Audi RSやBMW Mなど)に、こうした落ち着きつつも鮮やかな、ちょうど良いトーンのブルーを設定していますね。

イエロー。割としっかりとした、原色のイエローです。アルミニウムのフレームは、背面に合わせて色が付けられており、きちんとトーンも含めてマッチングしているため、フレームが浮いてしまったり、目立たなくなったりすることはありません。

コーラル。ピンクがやや入ったオレンジ、あるいはサーモンっぽい色にも見えます。最初はちょっと難しい色なのかな、と思いましたが、割と明るいところ、暗いところで表情を変え、楽しめる色になりそうです。

ちなみに、背面に1つ用意されているカメラには出っ張りがありますが、そのフレーム部分もボディカラーに合わせて染められています。

(PRODUCT)RED。これまでは9月発売の新モデルから半年が経過した4月頃にSpecial Editionとして発売されてきましたが、今回は10月26日の発売日から選択することができます。赤いiPhoneファンにとってはうれしい設定です。

iPhone XRもiPhone XS同様、背面には「iPhone」としか書かれていませんが、赤モデルだけ(PRODUCT)REDの文字が刻まれています。

※続きは以下の見出しがあります。
・「低価格化3つの要素」
・「シングルカメラでポートレート」
・「iPhoneのバッテリーキング」
・「XS、XRどちらを選ぶ」

この続きをみるには

この続き: 2,573文字 / 画像9枚
記事を購入する

【#アップルノート】10月26日発売のiPhone XRに迫る

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
3
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。