見出し画像

【#アップルノート】iPhone 10年の学び - パクりを逆手にとって「ノッチ」という妥協の正当化に成功しつつあるApple

最近ちょっと面白いと思っているのは、1年前に発表されたiPhone Xの「ノッチ」についてです。

確かにSamsungは、自社広告で、ノッチを象ったヘアカットのキャラクターを登場させて、iPhone Xのシンボルとなった画面の切り欠きをコケにしようとしています。最初に、「ノッチヘア」がSamsungの広告に登場したのは、2017年11月のこの作品です。0:50あたりで登場する、iPhone行列に並んでいる人のヘアカットがノッチの形になっています。

また、2018年5月の広告では、古いiPhoneを使っている人の踏んだり蹴ったりの体験を表現しているのですが、やはり0:50のあたりで、今度はノッチヘアの男が、同じくノッチヘアの子どもを抱いて通り過ぎます。

個人的には、こういうテイストは嫌いじゃなく、次はどんなシチュエーションで、50秒あたりのタイミングでノッチヘアの家族が登場するのか楽しみにしているところです。ぜひ、もっとたくさんの家族のメンバーを登場させて欲しいと期待しています。

----

ノッチは妥協

この続きをみるには

この続き: 3,328文字 / 画像3枚
記事を購入する

【#アップルノート】iPhone 10年の学び - パクりを逆手にとって「ノッチ」という妥協の正当化に成功しつつあるApple

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
2
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura