見出し画像

【#アップルノート】iPhone 10年の学び - パクりを逆手にとって「ノッチ」という妥協の正当化に成功しつつあるApple

最近ちょっと面白いと思っているのは、1年前に発表されたiPhone Xの「ノッチ」についてです。

確かにSamsungは、自社広告で、ノッチを象ったヘアカットのキャラクターを登場させて、iPhone Xのシンボルとなった画面の切り欠きをコケにしようとしています。最初に、「ノッチヘア」がSamsungの広告に登場したのは、2017年11月のこの作品です。0:50あたりで登場する、iPhone行列に並んでいる人のヘアカットがノッチの形になっています。

また、2018年5月の広告では、古いiPhoneを使っている人の踏んだり蹴ったりの体験を表現しているのですが、やはり0:50のあたりで、今度はノッチヘアの男が、同じくノッチヘアの子どもを抱いて通り過ぎます。

個人的には、こういうテイストは嫌いじゃなく、次はどんなシチュエーションで、50秒あたりのタイミングでノッチヘアの家族が登場するのか楽しみにしているところです。ぜひ、もっとたくさんの家族のメンバーを登場させて欲しいと期待しています。

----

ノッチは妥協

ここから先は

3,244字 / 3画像
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?