見出し画像

なぜAppleは、自社でプロセッサを作っているのか? それはなぜ、コンピューティングの未来なのか?

5月はイベントがたくさんあり、なかなか更新の時間が取れませんでした。月末に、それらの内容を含め、まとめてご紹介していきます。一気に更新していきますので、どうかお楽しみ下さい。

まずは、少し講義的な話からまいりましょう。

AppleはiPhone Xに、A11 Bionicプロセッサを開発しました。汎用のアプリケーションプロセッサですが、ここには、RISCの父と言われスタンフォード大学の学長でもある大家、ジョン・ヘネシー氏が未来のコンピューティングであると指摘する「ドメイン特化型プロセッサ」のアプローチが取り入れられています。

そして、このことが、Appleが自社でプロセッサを開発する最大の理由だった、というわけです。

最近、AppleがMac向けに自社チップを採用する、という話も数多く目にします。AppleがiPhoneに対して採ったアプローチを見ると、Macにも起きうると言う印象を持ち始めました。

ジョン・ヘネシー氏はIntelチップ(CISC)の複雑な命令セットを持つプロセッサに未来はないと語ります。同氏が「CISC」という言葉の発生理由となった、命令を減らして高速化を試みた「RISC」の生みの親であることを差し引いても、納得できるだけの理由がありました。

この続きをみるには

この続き:8,865文字
記事を購入する

なぜAppleは、自社でプロセッサを作っているのか? それはなぜ、コンピューティングの未来なのか?

#アップルノート by @taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。