見出し画像

【#アップルノート】 HomePod miniの狙いどころ

Appleは11月17日から、HomePod miniを順次販売開始しました。世界的に、ステイホームが奨励される年末年始を迎えそうな2020年末から2021年。家の中での体験を充実させるデバイスとして登場したこのデバイスは、どんな位置づけになるのか、実機で音楽を聴きながら、原稿を書き進めたいと思います。

画像1

HomePod miniの第一印象は、もともと巨大なHomePodを使っていたこともあり、とても小さくかわいらしいサイズです。片手で手の平に載せることができる重さで、球体の上下をスパンと切っただけのデザイン、そしてHomePodと同様にメッシュのファブリックに包まれたボディ、オーディオ製品らしく、ケーブルも布巻というこだわりを見せます。

設定もiPhoneをかざすだけで簡単にApple IDを設定でき、AppleのHomeKit対応製品がはじめてでもアプリを必要とせず、すぐに自宅を設定して使い始めることができます。このあたりの設定も、iPhoneを持っていると、ストレスなく済ませることができました。

セットアップから、ファーストインプレッションまでのビデオ版は、こちらから。

----

スマートじゃないスピーカー?

この続きをみるには

この続き: 5,767文字 / 画像4枚
記事を購入する

【#アップルノート】 HomePod miniの狙いどころ

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura