見出し画像

【#アップルノート】 2018年のiPhone XSにみる、Appleが狙うドメイン固有プロセッシングとエッジコンピューティングの世界

2018年もいよいよあと2週間。今年一番以外だったApple製品における個人的な買い物については別の記事にまとめるとして、Appleが今年、主力製品であるiPhoneにおいて、どのような動きを見せたのか、製品そのものというよりはもう少し大きなビジョンの側面から考えてみたいと思います。

Appleはカリフォルニア州クパティーノに本社を置いており、ご存じの通りシリコンバレーに位置しています。今年のAppleの動きは、Googleとともに、シリコンバレー企業であることを強く意識させられるモノでした。

つまり、企業の成長や競争差別化に対して、「シリコン」を最大限に活用しようとしている、ということです。

この続きをみるには

この続き: 4,261文字
記事を購入する

【#アップルノート】 2018年のiPhone XSにみる、Appleが狙うドメイン固有プロセッシングとエッジコンピューティングの世界

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
2
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。