見出し画像

【#アップルノート】   日本でもApple Store再開も「お店に来ないで!」 - Appleに関わる人々すべてを総括するディアドラ・オブライエン氏だからこその舵取りが光る

Apple Storeは、Appleでリテール+人事を担当するシニアバイスプレジデント、ディアドラ・オブライエン氏が統括しています。写真は2019年12月にTim Cook CEOが来日した際、

Apple丸ノ内Apple Storeは大中華圏以外では、3月15日に一斉に休業しました。他社の動向から見ても異例の早い対応に驚かされましたが、リテールと人事、すなわち顧客・社員を含む「Appleに関わる人々」の全てに責任を持つオブライエン氏だからこその判断だったのではないか、とふりかえることができます。

その一方で、中華圏に続き、5月17日からは世界中のApple Storeでの営業を順次再開し始めました。そうした中、Appleは5月27日から、名古屋と福岡にある直営店、Apple Storeの営業を再開することを明らかにしました。

営業はお昼12時から午後8時までと短縮されており、入店時にマスクや検温を求め、厳しい入店人数の制限も行う予定です。しかし、Apple Storeはオープンします。

直営店が閉まってから、MacBook Air、Mac mini、iPad Pro用Magic Keyboard、iPhone SE、そしてMacBook Pro 13インチと、すでに5つの製品を登場させてきました。特にiPhone SEやMagic Keyboardは、触れてみたいと思っていた人も少なくなかったのではないでしょうか。

店舗の再開に際して、Appleのリテール+人事担当シニアバイスプレジデント、ディアドラ・オブライエン氏は書簡を発表しており「Appleの顧客」「Appleがある地域」「Apple社員」の三方への配慮を意志決定の中心に据えていることを強調しています。

今回のストアのオープンも、この配慮をより一層強化する意向で、店は開けるが極力人が集まらないようにしたい考えで、「お店に来ないで!」というメッセージも同時に発しています。

新しい生活様式に合わせたApple Storeとは、どんな姿になるのでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 2,384文字 / 画像1枚
記事を購入する

【#アップルノート】   日本でもApple Store再開も「お店に来ないで!」 - Appleに関わる人々すべてを総括するディアドラ・オブライエン氏だからこその舵取りが光る

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
10
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。