見出し画像

【#アップルノート コラム】 大きな潮目の変化と備えについて

iPhoneでは「スクリーンタイム」という機能で、どのアプリをどれだけ使用したか、という統計情報をユーザーに提供してくれる。短い夏休み、デジタルデトックスに取り組み、スクリーン使用時間は実にマイナス83%と、成果を挙げることができた。

ただ、大学生に聞けば『スマホを生活から取り除く』ことなんてあり得ないと言う。依存症でも何でもなく、もともとスマホを基盤に生活が成り立っているからで、スマホデトックスができる時点で、世代の差を痛感せざるを得なかった。

ここから先は

1,323字
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?