見出し画像

【#アップルノート】 Podcast 第2回の公開録音(β)を2020/04/15 23:45JSTから

4月13日に続いて、4月15日23時45分から、再び #アップルノート Podcast 公開録音(β)を実施します。色々試したいことが出てきているので、立て続けにチャレンジしたいと思います。

チャンネル登録含めて、よろしくお願い致します。

前回のリスナーの方から、使用機材について質問がありましたので、ご紹介しておきたいと思います。

マイクは、MXL Tempo KR。USBコンデンサーマイクで、黒いボディと赤いメッシュ部分がお気に入り。なのですが、スポンジを被せているのでイマイチです。ポップガードにして赤い部分が見えるようにしたい、と思うのですが、ポップガード、邪魔ですよね。

ヘッドフォンも黒と赤のSennheiser MOMENTUM Iでコーディネート。これをMXL Tempoのオーディオジャックに有線接続で使います。しかし今はもう製品がアップデートされ、ワイヤレスモデルしかありませんが、こちらも有線接続に対応します。

前述のMXL Tempoコンデンサーマイクを、少し小型のマイクスタンドアームに装着しています。マイクに被せているスポンジは、このスタンドに付属してきたものです。ポップガードもあるのですが、ライブの際に結構邪魔になってしまいそうで…。

カメラはフルHDのウェブカムや、HDMI接続でデジタルカメラを活用したかったのですが、テレワーク需要から品薄状況で手に入りにくくなっています。そのため、カメラはMacBook Proの720p FaceTime HDカメラをの部屋の照明的に逆光気味になってしまうため、テーブルにライトを置くことにしました。

でも、ライトなんて買ったことがなかったので、取りあえず安めの投資から…。USBで接続できるので、Macから、あるいはデスクにあるマルチポートのUSB充電器からでも光らせることができます。プレビューで見る限りは、明るく写っているのではないか、と思いますがどうでしょうか。

ちなみにもう一つ、これはウェブ会議用にオーダーしてあったUSB接続のクリップライトです。充電式なので一番明るくしても1時間半と、大学の授業中のライティングには充分な時間照らしておくことができます。iPadで会議に参加する場合でも、iPadにクリップして照らすこともできるので、意外と使い勝手は良いかもしれません。

ということで、改めまして、23時45分からのライブ、お楽しみに。

----

この続きをみるには

この続き: 60文字
記事を購入する

【#アップルノート】 Podcast 第2回の公開録音(β)を2020/04/15 23:45JSTから

@taromatsumura

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
9
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

この記事が入っているマガジン

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。